最新記事

災害

インドネシア・スラウェシ地震・津波の死者844人に 早すぎた津波警報解除が犠牲者増やした?

2018年10月1日(月)19時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)


地震と津波に襲われた被災地の様子を伝える現地メディア metrotvnews / YouTube


早すぎた津波警報解除に批判続出

今回の地震発生とほぼ同時の9月28日午後6時2分過ぎに日本の気象庁に相当する気象地球物理庁(BMKG)は中スラウェシ州周辺に「津波警報」を発令した。

しかし34分後にこの津波警報は突然解除されていた。警報解除と第一波の津波がドンガラ市やパル市に到達した時間の関係は正確には不明だが、BMKGの地震津波部長ラハマット・トリヨノ氏は「ネット上に出回っている津波の映像を見る限り、警報解除の前に津波は到達しているようだ」としている。

9月29日の記者会見で解除の根拠やタイミングを問われたトリヨノ氏は「警報解除は通常の規則に従ってとられた手段である」として特に問題ないとの姿勢を示した。その根拠とはパル市に最も近い潮位観測所からのデータに基づくものだったという。

ところがその潮位観測所はパル市から200km離れた場所に設置され「データは通常の潮位より6cm高かっただけだったので解除の手続きを取った」としている。パル市は過去1927年、1968年に津波があったが当時のデータが共有されておらず、それに加えて200km離れた潮位観測所のデータで判断せざるを得なかったというお粗末な状況が明らかになった。

津波の第一波の到達をBMKGは知らずに警報を解除した可能性が高く、津波到達後の解除だとしても問題は残るとみられている。

さらに地震でパル市をはじめとする被害を受けた地域では直後から一斉に停電してしまったことから、テレビやラジオ、警報を知らせるサイレンなどが一切機能せず、住民に警報が十分伝わらなかったことも被害を大きくした可能性があると指摘されている。

BMKGでは「今回のことはよく検証して将来の課題として検討したい」としているが、警報解除、警報伝達に関して真摯な反省を見せている訳ではなく、被災者からは怒りの声も上がっている。

刑務所から服役囚脱走、商店からは略奪

9月28日の地震で壁が崩れ、建物そのものの崩壊の恐れが出てきたパルの刑務所から服役囚560人の約半数が「脱走」したことも明らかになった。刑務所関係者は「建物に留まることより外に出る方が安全と思われたことや数人しかいなかった刑務官も自分の身を守ることに必死だったから」と地元メディアの取材に答えている。通信が途絶し停電も続いていることから刑務所長は「今のところ逃げた服役囚どころではない」と捜索には当面着手できない状況を強調している。

ニュース速報

ビジネス

ホンダが4輪開発体制を再編、迅速で競争力高い基盤づ

ビジネス

各国企業はCOP26までに温暖化対策とりまとめを=

ビジネス

日経平均は4日続落、329円安 米アップル関連売ら

ビジネス

新型肺炎で世界の医薬品供給に支障の可能性=EU商議

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 8

    「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

  • 9

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 10

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月