最新記事

災害

インドネシア・スラウェシ地震・津波の死者844人に 早すぎた津波警報解除が犠牲者増やした?

2018年10月1日(月)19時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

パル市内で数十人が閉じ込められているとされる「ホテル・ルアルア」から遺体が運び出されている REUTERS

<インドネシア・スラウェシで発生した地震・津波の犠牲者は時間が経つにつれて増えている一方で、津波警報について気象当局のずさんな体制が問題になっている>

インドネシア・スラウェシ島の中スラウェシ州で9月28日午後6時2分ごろに発生したマグニチュード7.4の大規模地震と津波による被害は州都パルとドンガラ県ドンガラ市を中心に広がっており、停電、道路などの崩壊による孤立状態が続いているため救援活動は困難を極めている。

ジョコ・ウィドド大統領は滞在先のジャワ島中部ソロから9月30日昼前、空軍機などで被災地パルに入り、被災地を視察し、被災者に救援物資を直接手渡した。

国家災害対策庁(BNPB)によるとこれまでの捜索活動の結果、9月30日午後の時点で死者は832人、重傷者は540人となった。ただし死者の821人はパル市内、11人がドンガラ市内での津波の被害者としているが、ドンガラ市周辺など海沿いの町村被害の状況は通信が途絶しているため完全な報告が届いていないという。このため今後被害はさらに拡大する可能性が高い。

インドネシア地元紙の報道によると国連総会出席のため米ニューヨーク訪問中のユスフ・カラ副大統領は「犠牲者は1000人を超える可能性がある」と述べたという。

パル市内では南スラウェシ州のマカッサルや北スラウェシ州のマナドなどから駆けつけた救援部隊に加え、滑走路が損傷したパル空港に着陸したヘリコプターや空軍機で到着した国軍部隊などが本格的な救援、捜索活動を開始した。市内各所や海岸沿いに残されていた犠牲者の遺体を身元確認のために最寄りの病院に搬送する作業や崩壊した建物での捜索が続いた。

パル市内では数十人が閉じ込められているとされる「ホテル・ルアルア」で国家捜索救助庁(BASARNAS)」の隊員による必死の捜索が続いている。8階建ての同ホテルは地震でほぼ倒壊し、数十人が閉じ込められているとされうち何人かは携帯電話の電波が確認できることから生存の可能性もあるとして作業を急いでいるが、これまでに収容されたのは遺体ばかりという。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月