最新記事

コンプライアンス

財務省に激震 KYB、987件のデータ改ざんの疑いあるうち庁舎70件公表

2018年10月19日(金)18時50分

10月19日、KYBは、建築用の免震・制震装置のデータを改ざんしていた問題で、不適合品が使われている可能性のある物件が新たに1件判明、合計987件に上ることを明らかにした(2018年 ロイター/Issei Kato)

油圧機器メーカーのKYB<7242.T>と子会社のカヤバシステムマシナリーが建築用の免震・制振装置のデータを改ざんしていた問題で、KYBの齋藤圭介取締役は19日、国土交通省内で記者会見し、不適合品が使われている可能性のある物件が新たに1件判明、合計987件に上ることを明らかにした。

さらに、基準には収まっているものの、データを書き換えた製品が使われている物件が108件あった。

同社のデータ改ざんに対する認識の甘さがあらためて問われそうだ。

改ざんされたのは、地震の際に建物の揺れを抑える免震オイルダンパーと制振オイルダンパーの検査結果データ。2003年1月から2018年9月まで改ざんが行われていた可能性がある。

免震オイルダンパーの性能は国の基準値からプラスマイナス15%以内に収まるよう定められているが、同社はプラスマイナス10%に収まるよう顧客と契約。この基準から外れたデータを基準値に収まるよう書き換えていた。

また基準値に収まっていたにもかかわらず、「データを整える」(同社関係者)ために書き換えていたケースも108件あった。

ある医療施設では基準値から42.3%かい離した免震オイルダンパーが使用されていた。ただ、安全性を検証したところ、この施設は震度6強から7程度の地震にも耐えられる結果を確認できたという。

同社はこの日、不適合品が使われている可能性のある庁舎109件のうち、先方の了解を得られた70件を公表した。この中には財務省本庁舎や防災活動の拠点になる消防庁舎(大阪府東大阪市や三重県鈴鹿市、青森県八戸市など)も含まれていた。

調査は公共性の観点から庁舎を優先したが、今後は先方の了承が得られた段階で順次、物件名を公表していく。

同席したカヤバシステムマシナリーの廣門茂喜社長は、データが改ざんされた可能性のある免震・制振装置を台湾に輸出していることを明らかにした。原発施設や五輪施設に使われているかどうかについては「詳細データがない」として言及を避けた。

免震オイルダンパーは基準値からプラス側に振れた場合、ダンパーの動きが硬くなり、揺れが建物に伝わりやすくなる。一方、マイナス側に振れた場合はダンパーの動きが軟らかくなり、揺れが大きくなる恐れがある。

業績への影響は、現時点では試算できないという。

(志田義寧)

[東京 19日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本の代表カメラの収録から

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    人肉食が予防した不治の病

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    中国のスパイ技術はハイテクだけじゃない

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 10

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月