最新記事

性スキャンダル

妻や娘もモノのよう。トランプの女癖はひどすぎる

2018年3月13日(火)17時30分
マリー・ソリス

トランプと不倫関係にあったことを口止めされたポルノ女優、ストーミー・ダニエルズ Eduardo Munoz-REUTERS

<口止め料を返すからトランプとの関係の真実を暴露したい、と言っているポルノ女優ストーミー・ダニエルズとの醜聞など序の口>

ドナルド・トランプ米大統領とポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)の関係が世間を騒がせている。2人はかつて不倫関係にあり、大統領選前にはトランプ側が口止め料を払っていたとされる。ファーストレディのメラニアは夫とダニエルズの関係について知っていたのか? これまで一切沈黙を守っているのは、知っている証拠だろう。

少なくとも、ニューヨーク・タイムズ紙の論説コラムニスト、チャールズ・M・ブロウはそう考えている。そして、3月11日付け日曜版のコラムでは、「メラニアは知っていた」という見出しを掲げ、トランプの不倫疑惑を取り上げた。

ブロウは、トランプが2006年から2007年にかけてダニエルズと関係を持ち、妻でファーストレディのメラニアを裏切っていたとされる報道について、「実を言うと、私が何よりも気になるのは不倫のことではない」と書いている。ブロウに言わせれば、それは彼らの問題だという。ならば、一番気になるのは何なのか?

「メラニアが、夫がどんな男かを十分わかっていたことだ」

ブロウの指摘によると、トランプがダニエルズと関係を持ったとされるのは、彼がほかにも破廉恥な行動を取っていた時期と重なる。メラニアと結婚して約9カ月後の2005年9月、テレビ番組「アクセス・ハリウッド」に出演したときには、スターなら女性に何をしても許されると自慢する発言が録音されている。

結婚当初から本性を表していた

メラニアは当時、妊娠中だった。その翌年、ダニエルズとの関係が始まったとされる時期の数カ月前には、トランプの口から、「イヴァンカが自分の娘でなかったらデートしていた」という、悪名高い発言が飛び出した。

トランプは、2004年の結婚当初からメラニアに対して本性を表していたのだ。

たとえメラニアが最初は夫の浮気に気づいていなかったとしても、今は違う。メディアでは、ダニエルズとの不倫や、トランプとの関係を口外しないとする合意に彼女が署名したことなどが盛んに報じられている。

さらに、ダニエルズはその合意の無効を求めて訴訟を起こしており、それに関する質問がホワイトハウスに押し寄せている。ダニエルズは3月12日には、疑惑について自由に発言したいとの理由で、口止め料の返却を申し出ている。

#MeToo運動のなか、トランプが19人もの女性からセクハラを訴えられていることも忘れてはならない。

トランプとファーストレディの夫婦関係に関して、世間はつねに強い関心を示してきたが、ダニエルズを巡る疑惑の発覚により、夫妻にはこれまでにないほどの好奇の目が注がれている。

今年1月、トランプ夫妻が13回目の結婚記念日を迎えたまさにその日、メラニアは、スイスで開催されている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席中のトランプに合流する計画をキャンセルした。ダニエルズのことが原因ではないか、という噂が広がった(メラニアの広報担当者は否定する)。

メラニアはなぜ別れないのか理解に苦しむ、とブロウは書く。「2人の間に何か了解があるのか、感情的に融通が利くのか、経済的な依存のせいか」

女性をモノのように扱うトランプは人間として下の下なのに、とブロウは言う。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月