最新記事

動物

キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大騒ぎ

2018年3月12日(月)17時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

The Dodo-Twitter

<綿毛のような小さなペットの大きなギャップが、世界を揺るがしている...>

犬の「ヨギ」を知っているだろうか。ふわふわの毛に包まれた愛らしいオス犬のヨギは飼い主のシャンタル・デシャルダンとともに楽しく暮らしている。

そんなヨギに注目が集まったのは、最近のこと。デシャルダンが載せたヨギの写真がSNSで物議を醸している。「人間の男性の顔をしている!」と、確認できるだけで、すでにアメリカ、中国、タイ、韓国、ドイツ、ベトナム等のメディアで取り上げられている。

動物情報サイト「The Dodo」は、確かに、ヨギの顔には人間に通じるものがあると伝えている。我々が見慣れている犬の目は丸味があって黒眼がちなのに対し、ヨギはアーモンド形で白目もはっきりしており、眼差しはシャープだ。さらに、眉のように見える毛とピンクの唇を持っている。

小さな愛玩犬に、人間のようなパーツが組み合わさることで「ぞっとするような容姿」に感じられるという。


友人が、掲示板に投稿すると...

飼い主のデシャルダンは、第三者に指摘されるまでヨギの顔が人間のようだと思ったことは一度としてない。「全然、そんなふうには見えない」と語っている。

The Dodoによると、ことの発端はフェイスブックで共有したヨギの写真だった。「犬(ヨギ)に人間が感じられる」「人間の顔と交換しているみたい。びびった」などと書きこまれ、その後デシャルダンの友人がアメリカ最大級のソーシャルサイト「Reddit」にヨギの写真を投稿すると、ユーザーから大きな反響があったという。多くのユーザーが、「ウソでしょ...?」や「なぜこんなに不快な気持ちにさせるんだ」と書きこんだ。もちろんフォトショップ加工を疑う声や「人間と犬のハーフ」という悪ふざけもあった。

しかし、ヨギの写真のすべてが人間のように見えるわけではない。件の写真は、ちょうどトリミングをしてきれいにカットした姿で、しっかりとカメラに視線を向けている。これが人間のように見せるために大きな役割を果たしていると考えられる。

飼い主のデシャルダンは、ネット上のコメントを気にしていない。愛するペットの真の姿は自分が一番わかっているし、むしろヨギの写真に寄せられた膨大な反響を楽しんでさえいるそうだ。「ヨギはふわふわで最高に抱きしめたくなる子。最高よ!」と、愛を語った。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月