最新記事

スキャンダル

慈善団体オックスファムの買春を大目に見るな

2018年2月23日(金)15時45分
ダニエル・ハナン(ジャーナリスト)

ハイチ地震の被災地での買春のほかにレイプなどの疑惑もある Jonathan Torovnik/GETTY IMAGES

<職員がハイチの被災地やチャドの支援先で女性を買春。言語道断の行動になぜ世論は沈黙しているのか>

英労働党は事件について正式にコメントせず、怒りのツイートの少なさは驚くほど。セクハラや性犯罪の告発で権力の座にある男性を脅かした「#MeToo(私も)」のようなキャンペーンも起きていない......。それが、イギリスに本部がある国際協力団体オックスファムのスキャンダルに対する現時点での反応だ。

貧困問題に取り組むオックスファムの職員が、10年に大地震に見舞われたハイチの被災地やチャドなどで買春、レイプ、性的虐待を行っていたのが明らかになったのは2月上旬のこと。もちろん、政党が全てのニュースに声明を出すのは無理だし、どれほど怒れる活動家もあらゆる問題にひたすら憤怒することはできない。だが、それにしてもこの「沈黙」は奇妙だ。

1月、英政財界などの有力者の団体プレジデンツ・クラブの慈善夕食会で、一部の出席者が接客係の女性にわいせつ行為をしたと判明したときはどうだったか。メディアは事件の話題一色になり、新事実が報じられるたびに、ソーシャルメディアでは怒りの大きさを競い合うかのように激しい批判が噴出した。

富裕層が集うプレジデンツ・クラブが、男性会員限定で開いた夕食会での出来事は低俗そのものだった。接客係の体を触ったり性的誘いをかけたりした愚かな男たちは、非難の集中砲火を浴びて当然だ。

スキャンダルの本質は

それでも、どう考えてもオックスファムの事件のほうがずっとひどい。英政府の助成金を受けている事実を脇に置いても、今回の事件はまるでレベルが違う。接客係に対するセクハラは言うまでもなくとがめられるべきだ。しかし無防備な状態に置かれた被災地の女性を、支援に駆け付けたはずの人間が性的に搾取するのは極悪非道だ。

被害者の立場を念頭に、相対的に判断しなければならないと(左派にありがちな)主張をしようと、オックスファム職員の行動の非道さは変わらない。確かに男性有力者ばかりの場で、ウエートレスとして働く女性の立場は比較的弱い。だが被災地で食べ物にも事欠く少女と、食事や避難所の提供者として舞い降りた「救い主」の立場の差とは比べものにならない。

なのに、なぜ怒りの声が燃え上がらないのか。わいせつ行為の発覚を受け、プレジデンツ・クラブは解散に追い込まれた。一方でオックスファムは活動を続け、即座に弁明してくれる擁護者までいる。オックスファムは世界中で多くの善行をしている、事件はごく少数の悪者の仕業であってその場で報告された、などなど。正しい対応はオックスファムへの助成金を増額することだ、と発言したコラムニストすらいる。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月