最新記事

安全保障

インドの核ミサイル搭載原潜、ハッチの閉め忘れで沈没寸前に

India Nuke Submarine Almost Sank After Hatch Left Open

2018年1月12日(金)13時55分
クリスティーナ・チャオ

原潜を航行不能にしたのはハッチを閉め忘れる初歩的ミス(写真はインド海軍の別の潜水艦) REUTERS

<インド唯一の核搭載可能原潜が、昨年2月の浸水事故から航行不能になっていたことが明らかに。インドの核抑止力低下が危ぶまれる>

インド初の国産原子力潜水艦「INSアリハント」が、昨年2月に浸水事故を起こして沈没寸前になって以降、現在まで1年近く航行不能になっていることがわかった。

インドの英字紙ザ・ヒンドゥーによると、総工費29億ドルをかけて建設されたアリハントは、昨年「人的ミス」によって推進室が浸水し、大きな損害を受けた。その後は、10カ月以上にわたって修復作業が続いている。

インド海軍の関係者によると、事故原因は、誰かが誤ってハッチを閉め忘れたことだという。今も、浸水した艦内から海水をくみ出し、パイプを交換するなど、大規模な修復作業が続いている。艦内の水冷システムのパイプは、水圧で破損し海水で腐食しているという。

これで中国に対抗できるのか

インドと中国は、昨年6月から2カ月以上にわたって、国境係争地の「ドクラム(中国名・洞朗)」高地で双方の軍隊がにらみ合いを続けた。その際に、アリハントが海上に姿を見せていないことが注目されていた。

アリハントは、水中排水量が6000トン。インド海軍が内密に進めた先進技術艦(ATV)プロジェクトによって、南部の港湾都市ビシャーカパトナムで建設された。2016年10月に就役し、現在インドで唯一核ミサイルを搭載できる潜水艦。アリハント・クラスの2隻目の原子力潜水艦「INSアリガント」も昨年11月に就役したが、現在はまだ試運転段階だ。

アリハントは4つのミサイル発射管を備え、短距離弾道ミサイルや中距離弾道核ミサイルを搭載することができる。

インドは、太平洋進出を狙う中国に対抗する「インド太平洋戦略」の要でもある。地元紙ザ・ヒンドゥーによると、インド軍は事故そのものの失態はもとより、アリハントが使用できないことで隣国パキスタンやその他の核保有国に対する抑止力が低下することを憂慮し、事故を隠していたものと見られる。

インド国防省は、本誌の取材に対してコメントしていない。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時300円超 米

ワールド

教師の武装化、学校での大量殺人防止につながる=トラ

ビジネス

焦点:中銀のデジタル通貨発行、強力な金融政策効果=

ワールド

減税が投資増と生産性向上につながることを期待=米ミ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 8

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 2

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 3

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 4

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 5

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 5

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 6

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 7

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月