最新記事

朝鮮半島危機

米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

U.S. Military Conducts Air Drills Near Korean Peninsula

2017年11月14日(火)16時30分
ジョン・ホルティワンガー

米原子力空母、手前からセオドア・ルーズベルト、ロナルド・レーガン、ニミッツ(11月12日) Courtesy James Griffin/U.S. Navy/REUTERS

<トランプのアジア歴訪に合わせて日本海に集結した世界最強の空母3隻は壮観で頼もしいが>

米軍は11月13日、日本海で米原子力空母3隻による異例の軍事演習を実施し、北朝鮮に世界最強の軍事力を見せつけた。

演習は11日から4日間の日程で始まり、ロナルド・レーガン、ニミッツ、セオドア・ルーズベルトの3隻の米原子力空母が日本海上に集結した。米海軍横須賀基地を拠点にするロナルド・レーガンは、米軍がアジアに展開する空母のなかで最大級だ。空母3隻が西太平洋上で合同演習を行うのは10年ぶり。日本の自衛隊の護衛艦も演習に参加した。

米海軍によれば、訓練は艦隊を敵の攻撃から守るための空中戦や、監視・補給活動などで、空母3隻が引き連れる艦隊間の連携を確認したという。

「空母2隻の合同演習すら稀なのに、3隻となると、なおさら稀だ」と、米太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官は声明を発表した。「3つの空母打撃軍が共に作戦行動を取るには、非常に高度な技術が求められる。西太平洋で行う今回の演習は、同地域の安全と安定の維持に寄与する米太平洋艦隊の比類ない能力と断固たる意志を示すものだ」


ニミッツの甲板上は特に活気にあふれ、空母艦載の戦闘攻撃機FA18EとFA18Fスーパーホーネットの発着艦の訓練を繰り返し行ったと、米軍準機関紙、スターズ・アンド・ストライプスは報じた。

「空母3隻を同時に訓練できるのは、またとない機会だ」と、ニミッツが所属する空母打撃軍のグレゴリー・ハリス司令官はスターズ・アンド・ストライプス紙に語った。「アメリカの同盟国やパートナーに対し、はっきりと申し上げたい。我々は過去70年、この地域に留まってきたし、今後70年も留まり続ける」

艦隊を招集したのは、11月5日~15日までアジアを歴訪する予定になっていたドナルド・トランプ米大統領。自分の訪問に合わせ、目下アジア最大の脅威である北朝鮮に力を誇示した格好だ。

金正恩と友達になる?

トランプは11月8日に韓国国会で行った演説で、交渉の席に着くよう金に呼び掛けた。「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発は、金正恩体制を守ってくれない、むしろ深刻な危険にさらすものだ。闇の奥へ進めば進むほど、危険は増大する」

これに対し北朝鮮外務省は11日、核戦争を切望し外交的解決に何の興味も示さなかったとして、トランプを非難した。「トランプはアジア歴訪中、世界の平和と安定の破壊者としての本性をさらけ出し、朝鮮半島で核戦争が起きるのを切望した」。

すると12日にトランプは一転、懐柔的ともとれるツイートを投稿した。「金正恩はなぜ私を『年寄り』と侮辱するのか。私は彼を『チビでデブ』などと決して呼ばないのに」「まあいいさ、頑張って彼の友だちになる努力をしよう。いつか実現するかもしれない」

最強の空母をもってしてもそれだけでは北朝鮮には勝てないことに気付いたのか、中国の習近平との首脳会談で何かいい取引でもしたのか、真意は不明だ。トランプは帰国後の11月22日、ホワイトハウスで北朝鮮と貿易に関する重大発表を行うと言っている。

【参考記事】【北朝鮮情勢】米軍の地上侵攻はどんな戦争になるか

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング第1四半期は57%増益、商用機好調 通

ビジネス

オープン外債1000億円増、コスト高と政治懸念で非

ワールド

焦点:米朝首脳会談、トランプ氏と金正恩氏は何を話し

ビジネス

ヘッジ外債は通貨分散、円高局面でオープンも=18年

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 4

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 5

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 6

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 7

    【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

  • 8

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    アマゾン「本日中にお届け」を支える配達下請け デリ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月