最新記事

バッグ

ビジネスの用途に合わせて、お気に入りの「フェリージ」を選ぶ。

PR

2017年5月25日(木)16時00分
写真:上野山裕二  構成・文:青木雄介
掲載商品 17/29/EN コニャック
ヨーロッパのアルペンで徹底管理された仔牛の革に、特別なクロムなめしが施された柔らかい表革。このコニャックカラーのトートバッグは高級感ある革素材をぜいたくに使用した、フェリージ2017年の目玉となる新作だ。収納力に優れ、持ち運びに便利なトートバッグは、ビジネスシーンにおいてトレンドと言えるだろう。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040

<ビジネスシーンで相手に信頼感と存在感、そして自分らしさを印象づけるバッグの条件とは? 第一線で活躍するクリエイティブディレクターでもある、morr(株)代表取締役の野坂哲史さんに話を聞いた>

このトートは、荷物の多いクリエイティブ系の職種に最高です。

28歳にして4つの会社の要職につき、テレビ番組のプロデュースやWEBコンテンツのクリエイティブディレクションもこなす多忙なビジネスライフを送っている野坂哲史さん。バッグを20点ほど持っているという彼は、トートバッグの愛用者でもある。「私は荷物が多い方なのでこれぐらい大きい方がちょうどいい。だいたい一眼レフのカメラを持ち歩いているので、他の荷物とも合わせて安心して入れられます。しっかり作られているし、私のようなクリエイティブ系の職種にとっては最高のトートだと思います」

クラッチバッグ(大)

掲載商品 1304/EN ブラック
前段のトートバッグと同じ素材を使用したクラッチバッグ。独特の型押し加工により傷がつきにくく、色落ちもしにくい。それでいて時間の経過とともに、使い込むほどに味わいが楽しめる。サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ(大)¥84,240

このトートと同じ素材を使用したシリーズにクラッチバッグもある。世界でも有名な名門タンナーによるカーフレザーを使用した表革に、裏地は柔らかなピッグスエードを使用したラグジュアリーライン。自他ともに認める革好きの野坂さんも、思わず目を細める。「革が好きですね。経年変化も含めて。フォーマルな場ではスマートなバッグを選ぶようにしています。レセプションパーティなどが多いので、そういうときは、クラッチバッグを使っていますね。幼少のころから使っている〝何でもポーチ〟というのがあるのですが、名刺入れとかコンタクトケースとか、そこにいろいろ入れて毎日、持ち歩いています。このクラッチなら、そんな日常品が手軽に持ち歩けていいですね」

ブラックのトートバッグ

掲載商品 17/29/EN ブラック
コニャックと色違いのブラックのトートバッグ。底鋲付きで自立し、内側にはファスナーポケットも付いている。大きいサイズなので普段からの使用はもちろん、急な出張などビジネスシーンでのあらゆる場面で重宝するはずだ。フェリージとしては珍しい、小さくあしらったロゴも瀟洒な印象を残す。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040


ブラックのバッグとコインケース

掲載商品 全てブラック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN  コインケース:978/EN
トートと合わせて使用したいのが、同じ素材を用いたこの3商品。引き手のフリンジが、さりげないアクセサリー感覚をプラスしている。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120


コニャックのバッグとコインケース

掲載商品 全てコニャック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN コインケース:978/EN
ビジネスでもプライベートでも使えるアイテムなので、プレゼントとしても一考したい。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120
 
 

ニュース速報

ビジネス

UDが30年までに電動トラック量産化へ、ボルボ内で

ビジネス

オープン外債、ドル100─105円の押し目捉え増額

ビジネス

焦点:金融庁報告書、地銀統合ありきの声 脱落した日

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 5

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月