最新記事

映画

ジェームズ・ボンドを脅かす悪玉が最高

Bad, Bad Bardem

『007 スカイフォール』で金髪のテロリストを怪演するハビエル・バルデムのセクシーでまじめな素顔

2012年12月14日(金)16時03分
ケビン・ファロン

印刷

 映画『007 スカイフォール』で、悪玉のラウル・シルバが姿を現すのはスタートから1時間以上もたってから。だがハビエル・バルデム(43)演じる頭のイカれたサイバーテロリストは、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)と同じくらい強烈な印象を残す。

 007シリーズの映画化50周年を記念する、通算23作目『スカイフォール』は過去へのオマージュであると同時に、これまでになくボンドの素顔に踏み込んでいる。サム・メンデス監督はシリーズを新しい方向に導いたと言っていい。

 ボンドは華麗なアクションを披露するだけでなく、人生に迷い、任務に疑いを抱く。場末の酒場で飲んだくれ、スパイ稼業は終わりだと決めてかかる。そんなボンドがMI6(英国情報部国外部門)に戻ろうと決意するのは、シルバがMI6と上司のM(ジュディ・デンチ)に復讐を仕掛けたからだ。

 007シリーズの悪役というと、大げさな極悪ぶりがコミカルに見えることも多かったが、バルデムはもっと抑えた、薄気味の悪い悪役を好演している。中途半端な長さの金髪と、ぎょろりとした目にうすら笑いを浮かべた姿は、異常な妄想の持ち主であることを印象付ける。

「パワフルな脚本に衝撃を受けた」と、バルデムは語る。「これは面白いことになるかもしれないと思った」
シルバが登場する場面は長いセリフで始まる。カーテンの向こうから姿を現すと、椅子に縛られたボンドのところまでゆっくりと歩きながら、芝居がかった様子でネズミの話やサイバー戦争の話をする。

 バルデムは脚本を読んだとき、おいしい登場シーンだと思ったのだろうか。「そうでもなかった」と、彼は笑いながら言う。このシーンが長回しで撮影されることも、撮影当日まで知らなかったという。

「完成した作品を見て『ひどい!』と思ったよ。本当はかなり長く歩いたのに、何だかずっと短く見えた」
だが観客は完璧なシーンだと思うに違いない。その強烈なインパクトは、バルデムのキャリアを知る人間にはちっとも驚きではない。

 バルデムはキューバ人作家レイナルド・アレナスの半生を演じた映画『夜になるまえに』(00年)と、末期癌に侵された父親を演じた『BIUTIFUL ビューティフル』(10年)で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。そして、冷酷な殺し屋アントン・シガーを演じた『ノーカントリー』(07年)で、同助演男優賞を受賞した実力の持ち主だ。

 妻は同じスペイン人で、ハリウッドにも進出している人気女優ペネロペ・クルス。2人の間には子供もいるが、バルデムは家族についてメディアにめったに話さないことで有名だ。

セクシーな色男役も得意

 トップクラスの人気と実力があるにもかかわらず、バルデムは独立系のスペイン語映画にこだわり、いわゆるハリウッド大作で主役級の役を引き受けたことはない。ではなぜ今回、誰もが知るアクション大作への出演を決めたのか。

 メンデスの存在が大きかったと、バルデムは言う。ジュディ・デンチとレイフ・ファインズ、アルバート・フィニー、そしてもちろんダニエル・クレイグら共演者も魅力だったという。だが『スカイフォール』への出演を一番後押ししたのは、バルデム自身かもしれない。

「007を初めて見たのは12歳のときだった。父と『ムーンレイカー』を見たんだ」と、バルデムは言う。「あれ以来、新作を心待ちにしたものだ。そんなシリーズに自分が参加できるなんて大変な栄誉だし、50周年記念の作品に出演できるのは特に意義深いと思っている」

 バルデムは女性をとりこにする色男役も演じてきた。『それでも恋するバルセロナ』(08年)や、『食べて、祈って、恋をして』(10年)では、主人公(とそれ以外の女性たち)を魅了するモテ男を演じた。

 ただし、バルデムを最も有名にしたのは『ノーカントリー』で演じた殺し屋シガー役だ。無感情な目と青白い肌、そのくせ妙にふっくらした唇は、無慈悲な殺し屋としての威嚇効果抜群で、「動くな」と言い聞かせるようなセリフには観客まで凍り付かせる迫力があった。シガーは映画史上最高の悪役の1人と言っていいだろう。

『ノーカントリー』で笑いを誘うところがあったとすれば、シガーの奇妙なおかっぱ頭が挙げられるが、『スカイフォール』のシルバの髪形も相当ひどい(服装という点でもシルバのほうがひどいかもしれない)。とはいえ、それが薄気味悪さを一段と高めている。

 バルデムは当初、シルバは「シガーと似た感じ」になると思っていたが、メンデスと話し合ううちに、シガーとまったく異なるキャラクターになると確信したという。実際には、シガーだけでなく、過去のボンド映画の悪役たちとも大きく異なるものになった。

 ボンドが美女たちと繰り広げるお熱いシーンは、カーチェイスやマティーニと同じくらい007シリーズに欠かせないお約束だ。だが悪役がボンド並みにセクシーに描かれるのは、『スカイフォール』が初めてではないだろうか。

最新ニュース

ワールド

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

2017.12.25

ビジネス

前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

2017.12.25

ビジネス

正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

2017.12.25

ビジネス

中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

2017.12.25

新着

ここまで来た AI医療

癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由

2018.11.14
中東

それでも「アラブの春」は終わっていない

2018.11.14
日中関係

安倍首相、日中「三原則」発言のくい違いと中国側が公表した発言記録

2018.11.14
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2020.9.22号(9/15発売)

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020.9.22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

外交史 歴史で読み解く米中「新冷戦」の本質
■タイムライン 紆余曲折の米中180年史
分析 中国をソ連になぞらえる過ち
オピニオン 習の拡張主義は封じ込めが可能だ
ビジネス 欧米vs中国「企業爆買い」競争
シミュレーション 仮想「東シナ海戦争」の結末
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース