最新記事

米経済

中間選挙後の米国経済の行方 注意が必要な先行きのリスク要因とは

2018年11月13日(火)07時10分
真壁昭夫(法政大学大学院教授)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

11月9日のニューヨーク証券取引所 Andrew Kelly-REUTERS

11月6日、注目の米中間選挙が終わり、結果は事前の予想通り、上院は共和党・下院は民主党のねじれ状態になった。今後は、トランプ政権の経済運営と米国経済の動向に注目が集まるとみられる。

今年4~6月期の米国の実質GDP(国内総生産)成長率は、前期比年率で4.2%だった。7~9月期、成長率は同3.5%に低下したものの、米国経済は依然として堅調な展開を続けている。ただ、この間、米中貿易戦争の影響から中国経済は減速が鮮明となった。それを受けて、業績予想を下方修正する日本の国内企業も出始めた。中国経済の減速はドイツを中心に欧州各国の景況感も悪化させている。

これからの米国経済の展開を考えると、2017年の減税の効果が徐々に剥落するに伴い、経済の減速(成長率が低下すること)は避けられないだろう。一方、賃金は明確に増加しており、それは個人消費を支えるだろう。短期間で米国経済が失速する(成長率がマイナスに落ち込む)展開は想定しづらい。

注意が必要なのは、先行きのリスク要因が増えていると考えられることだ。その一つが、米IT先端企業の代表格である「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の成長期待の低下だ。中間選挙の結果、トランプ政権の政策運営が難しくなることの影響も無視できない。

もしGAFAを中心に米国の株価が大きく下落し、そのタイミングで米中貿易戦争やトランプ政権の法案を通しにくくなることが懸念されるのであれば、世界経済の先行き不透明感が高まる可能性は否定できない。

当面は堅調な展開続く

足元、米国経済はトランプ減税の効果によって好調さを維持している。昨年12月、トランプ政権は連邦レベルの法人税率を35%から21%に引き下げた。この結果、企業業績が押し上げられた。また、減税は個人消費を増加させ、4~6月期の4.2%成長につながった。この時点で米国経済は世界経済の中で「独り勝ち」の状況にあった。

それ以降、成長率の水準は低下している。なぜなら減税の効果は一時的なものだからだ。効果が剥落するにつれ、経済が減速することは避けられない。10~12月期、実質GDP成長率は前期比年率で3%を下回ると考える経済の専門家は多い。7~9月期の米企業決算では前年同期比で27%程度の増益が見込まれ、実際の決算も予想に沿ったものとなっている。一方、10~12月期は、7~9月期に比べ増益率が低下するとの見方がほとんどだ。

成長率が2%後半になったとしても、その水準は米国経済の実力=潜在成長率を上回っていると考えられる。FOMC(連邦公開市場委員会、FRB〈連邦準備制度理事会〉が金融政策を決定する会合)参加者の予想では、潜在成長率は1.8%だ。減税により米国の賃金と企業の収益等が増加基調となったことを理由に、潜在成長率は2%をやや上回る水準にあると推計する専門家もいる。米議会予算局(CBO)の推計によると、2018年から2022年までの潜在成長率は実質ベースで2.0%だ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の弾劾裁判が審理入り、運営規則案巡り与野

ワールド

米、中国に核兵器交渉への参加要請 ロシア含む三カ国

ワールド

独首相、多国間外交に中国含むべき 「新たな二極体制

ワールド

ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 5

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月