最新記事

米経済

中間選挙後の米国経済の行方 注意が必要な先行きのリスク要因とは

2018年11月13日(火)07時10分
真壁昭夫(法政大学大学院教授)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

11月9日のニューヨーク証券取引所 Andrew Kelly-REUTERS

11月6日、注目の米中間選挙が終わり、結果は事前の予想通り、上院は共和党・下院は民主党のねじれ状態になった。今後は、トランプ政権の経済運営と米国経済の動向に注目が集まるとみられる。

今年4~6月期の米国の実質GDP(国内総生産)成長率は、前期比年率で4.2%だった。7~9月期、成長率は同3.5%に低下したものの、米国経済は依然として堅調な展開を続けている。ただ、この間、米中貿易戦争の影響から中国経済は減速が鮮明となった。それを受けて、業績予想を下方修正する日本の国内企業も出始めた。中国経済の減速はドイツを中心に欧州各国の景況感も悪化させている。

これからの米国経済の展開を考えると、2017年の減税の効果が徐々に剥落するに伴い、経済の減速(成長率が低下すること)は避けられないだろう。一方、賃金は明確に増加しており、それは個人消費を支えるだろう。短期間で米国経済が失速する(成長率がマイナスに落ち込む)展開は想定しづらい。

注意が必要なのは、先行きのリスク要因が増えていると考えられることだ。その一つが、米IT先端企業の代表格である「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の成長期待の低下だ。中間選挙の結果、トランプ政権の政策運営が難しくなることの影響も無視できない。

もしGAFAを中心に米国の株価が大きく下落し、そのタイミングで米中貿易戦争やトランプ政権の法案を通しにくくなることが懸念されるのであれば、世界経済の先行き不透明感が高まる可能性は否定できない。

当面は堅調な展開続く

足元、米国経済はトランプ減税の効果によって好調さを維持している。昨年12月、トランプ政権は連邦レベルの法人税率を35%から21%に引き下げた。この結果、企業業績が押し上げられた。また、減税は個人消費を増加させ、4~6月期の4.2%成長につながった。この時点で米国経済は世界経済の中で「独り勝ち」の状況にあった。

それ以降、成長率の水準は低下している。なぜなら減税の効果は一時的なものだからだ。効果が剥落するにつれ、経済が減速することは避けられない。10~12月期、実質GDP成長率は前期比年率で3%を下回ると考える経済の専門家は多い。7~9月期の米企業決算では前年同期比で27%程度の増益が見込まれ、実際の決算も予想に沿ったものとなっている。一方、10~12月期は、7~9月期に比べ増益率が低下するとの見方がほとんどだ。

成長率が2%後半になったとしても、その水準は米国経済の実力=潜在成長率を上回っていると考えられる。FOMC(連邦公開市場委員会、FRB〈連邦準備制度理事会〉が金融政策を決定する会合)参加者の予想では、潜在成長率は1.8%だ。減税により米国の賃金と企業の収益等が増加基調となったことを理由に、潜在成長率は2%をやや上回る水準にあると推計する専門家もいる。米議会予算局(CBO)の推計によると、2018年から2022年までの潜在成長率は実質ベースで2.0%だ。

ニュース速報

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月