最新記事

金融

リーマン破綻1年後、本当の敗者

リーマンの元幹部社員がウォール街に返り咲く一方、事務系スタッフの多くは今も失業中

2009年9月15日(火)17時14分
ナンシー・クック

クビになった日 経営破綻の前日に私物を運び出すリーマン・ブラザーズの社員(08年9月14日)。その後の運命ははっきり明暗が分かれた Chip East-Reuters

 昨年9月15日、米証券大手のリーマン・ブラザーズが経営破綻すると、その余波はドミノ倒しのように世界中の金融市場を襲った。158年の歴史をもつリーマン・ブラザーズの崩壊は、従業員2万5000人の職を奪い、ウォール街の風景を一変させた。

 それを考えれば、リーマンの幹部やマネジャーたちがその後、ウォール街でつまはじきにされるのも当然だろう。ところが実際には、リチャード・ファルドCEO(最高経営責任者)など一部のトップ経営陣を除けば、多くのトレーダーたちがドイツ銀行やJPモルガン・チェース、バークレイズなどの同業他社で似たようなポジションに返り咲いている。

 リーマン・ショック1周年に「大した意味はない」と、金融史の専門家であるチャールズ・ガイストは言う。「人員の配置転換に過ぎなかった」

 1年後の今、リーマン破綻の本当の犠牲者は、秘書やオペレーションスタッフなどの事務系スタッフだったことがわかる。

 彼らの多くは今も職がない。バークレイズと野村ホールディングスがリーマン・ブラザーズの一部部門を買収した際に約1万2500人の元リーマン社員を引き継いだが、彼らはそのリストにも入れなかった。

オークションサイトで日銭を稼ぐ元秘書

「25年間働いた末、退職基金が他人の判断ひとつで紙くずになるなんて最悪の事態だ」と、リーマンでバックオフィス部門を統括していたデービッド・アムビンダーは言う。

 かつてリーマンで幹部社員の秘書をしていたステイシー・リン・コベルは、今も失業中の身だ。リーマンで6年間働き、7万5000ドルの年収を得ていた彼女は、ニューヨークのアッパーイーストサイドに暮らす典型的な独身プロフェッショナルだった。

 元同僚の多くと同じく、彼女の解雇手当は底をつき、クレジットカードも限度額いっぱいまで使い切った。最近はディスカウントショップで買った化粧品をオークションサイトeベイで売り出して、わずかな利益を得ている。

「最大の打撃を受けたのは、最も下の地位にいた私たちのようなサポートスタッフだ」と、彼女は言う。リーマンの上司のために長年、会合をセッティングし、アジア出張の手配をしてきた彼女は、当時のコネが職探しの役に立つと期待していた。だがリーマン時代の「誰も力になってくれず、怒りを感じている」と言う。

 一方、リーマンのベテラン社員だったアムビンダーは、自らの手で運命を切り開く決意をした。長年、銀行の合併を目の当たりにしてきた彼は、オペレーション部門で似たようなポジションに就く難しさを知っていた。

 職探しに何カ月も費やす代わりに、アムビンダーは昨年11月、出張サービス「ミスター・ハンディマン」のフランチャイズ権を購入。自宅のリフォームに関する電話相談に応対する5人の従業員を統括している。「ウォール街に未練はないが、(ウォール街での)報酬に未練のない人はいない」と、アムビンダーは言う。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月