ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

外国人のジャパンガイド

外国人のジャパンガイド

相撲の朝稽古から鉄道、秘湯、お遍路まで
日本人の知らない日本の旅し方

2009.09.16

京都の紅葉見物も、北海道でグルメざんまいも何かもの足りない? そんな場合は外国人に聞くといい。行き先選びから旅の楽しみ方まで、日本人とはひと味違う彼らの目を通して見れば、新しい日本の歩き方が見えてくる。

Photo: Ryo Kataoka

日本

アメリカ人記者が歩いた四国お遍路 

弘法大師の足跡をたどる四国お遍路に徒歩と観光バスで挑戦。外国人も病みつきになるニッポン巡礼の旅の意外な魅力とは [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

木洩れ日のアナログ街道へ 

オープンカーで出かけるならスリルを楽しむマウンテンロードより、光のシャワーを浴びて走る「スローな道」が面白い [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

「不便の神」が守った京都の小宇宙 

車でしか行けない京都近郊の2つの寺で、計算し尽くされた庭の構図と、自然の叙情詩を満喫する [2003年12月 3日号掲載]

2009.09.16
日本

隠れた名湯に伝統を求めて 

古き良き和の美学が息づく静かな湯宿は、「本物」の日本を探し求める外国人に喜びを与えてくれる [2003年12月 3日号掲載]

2009.09.16
日本

やっと見つけた夢の列車天国 

パノラマ特急、海底トンネル、途中下車――イギリス人鉄道ファンが教えるとっておきのルートと楽しみ方 [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

東京のストリートは看板の洪水だ 

路上に一歩出ると、どこを向いても看板や標識だらけ。そこにあふれる個性的な文字は、東京人の内に秘めた情熱の表れだ [2003年12月 3日号掲載]

2009.09.16
日本

朝げいこで垣間見る相撲の本質 

西洋のスポーツにはない独特の文化と精神 [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

「酒屋万流」の面白さを知って 

蔵元めぐりで日本酒の奥深い世界を体感 [2003年12月 3日号掲載]

2009.09.16
日本

桜咲く平安神宮で極上の演奏体験 

季節感や演奏環境を重視する日本の感性を再認識 [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

外交官たちが愛した湖畔の別荘地 

中禅寺湖の意外な「もう一つの顔」 [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16
日本

熊本の天草諸島はダイビングの穴場 

海水の透明度と豊かな生態系が素晴らしい [2003年12月 3日号掲載]

2009.09.16
日本

オージーが恋した新雪のゲレンデ 

北海道のニセコがオーストラリアのスキーヤーの間で大人気の理由 [2005年3月 9日号掲載]

2009.09.16

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!