コラム

Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

気候変動や銃規制の問題に立ち向かうには「子供のようにならなければ......」(パックン)

<世界の大人たちに気候変動への「本気」の取り組みを求めた16歳のグレタの訴えは、大きな話題を呼んだ> ロン毛にひげ。といえばイエス様だね。風

2019.10.19 
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

ついにトランプ弾劾を決意した米民主党(パックン)

<トランプ自身が「外国の介入」を依頼したウクライナ疑惑の発覚で、及び腰だった民主党もとうとう弾劾に向けて動き出した> ドナルド・トランプが米

2019.10.11
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機(パックン)

<「依存性がない」「耐性もできない」と嘘を並べてオピオイドを販売し続けた製薬会社の罪と罰> 第2次大戦以降初めて、アメリカの平均寿命が下がっ

2019.09.21
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

キャッシュに釣られてNFLとコラボしたJay-Zの裏切り(パックン)

<黒人の社会的平等を訴えて片膝を立てて抗議した稀代のQBキャパニックはアメフトから干されたままなのに......> FL(全米プロフットボー

2019.09.07
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

移民がアメリカを「侵略」してくるってホント?(パックン)

<アメリカへの難民・移民の流入を「侵略」と呼んで危機を煽るトランプ。しかし彼らは本当に「敵」なのか> 国が侵略されたらどうする? 外国軍が国

2019.08.24
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプのヘイト発言に熱狂的な岩盤支持(パックン)

<人種差別や女性蔑視、外国人恐怖症......ヘイトに満ちた人がこんなにいるアメリカはもう立て直しようがないかもしれない> この国を批判する

2019.08.03
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

アメリカの悪質な選挙区割りにゴーサイン(パックン)

<米議会下院の選挙区割りは、共和党に有利になるように恣意的に変更されている> 質問は2つ。民主主義はどういう制度? そして、アメリカは民主主

2019.07.20
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

NYT風刺漫画の掲載中止は残念過ぎる(パックン)

<独立戦争の時代から、風刺漫画はアメリカの歴史と切り離せない> 笑えない漫画はある(笑ってもらえない漫才もあるが、それは別物だ)。ナチス・ド

2019.07.06
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプはDデー精神を守れない(パックン)

<大勢の青年がナチスと戦って命を落とした「Dデー」――しかし現地を訪れたトランプは自慢話と野党バッシングに終始した> アメリカ人にとってD-

2019.06.19
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

絶滅危機の動物が生ぬるい温暖化対策に抗議!(パックン)

<民主党が温暖化対策の「中道」と「極端」でもめているなかで、トランプは逆に石油採掘や石炭火力発電を推進している> ⚡☠@!はなんと読むか分か

2019.06.06

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 3

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

  • 4

    新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容…

  • 5

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

  • 8

    がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!