コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

裁量労働制のどこがウソなのか?

<日本の企業では事実上、本人に時間管理の裁量権がないケースがあり、その状態で裁量労働制の制度だけを適用すれば、結果として長時間労働につながり

2018.02.20 
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アメリカの進まぬ銃規制、繰り返す乱射の悲劇

<フロリダ州の公立高校で発生した乱射事件で生徒ら17人が死亡。それでも直ちに銃規制論議が進むことは期待できないのがアメリカ社会の現実> 2月

2018.02.15
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

鳩山由紀夫氏が象徴する戦後日本の「反米左派」

<米プリンストン大学で講演した鳩山由紀夫元首相。戦後日本のリベラルを象徴するような「お約束」な言説は、若い学生には物足りなかったようだ> 今

2018.02.13
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

訪日外国人4000万人へのハードルとは

<英語の案内、外国人向けの食事、交通機関の煩雑さ......外国人旅行客4000万人達成の日本政府の目標には越えなければならないハードルがい

2018.02.08
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

墜落したアパッチヘリが象徴する軍事予算の矛盾

<自動運転車の民生用レーダーの技術はすでに相当の進化を遂げており、墜落した陸自ヘリのレーダー能力をおそらく数段上回っている> 今週5日、佐賀

2018.02.06
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ダボス会議でも一般教書でも、トランプが真面目モードだったのはなぜ?

<大統領選以来、真面目モードと暴言モードを行ったり来たりしてきたトランプ。しかし注目のダボス会議でも一般教書演説でもマジメ一辺倒だった> 就

2018.02.01
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

働き方改革でも骨抜きにされた「同一労働、同一賃金」

<安倍内閣の働き方改革は長時間労働の解消に関しては本気で取り組む姿勢が見られるが、「同一労働、同一賃金」の実現に関しては骨抜きにされている>

2018.01.30
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

グローバル時代の格差拡大とダボス会議が抱える矛盾

<グローバリズムの発展と共に格差拡大への反発や排外主義が世界各国で発生しているなかで、ダボス会議がどこまでの危機感を持っているかには疑問が>

2018.01.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

既視感だらけの「政府閉鎖」ドタバタ劇

<政府機関の一部の機能が停止する「政府閉鎖」は、過去に何度も政治的駆け引きの道具にされたため国民もすっかり慣れてしまった> 今週22日、連邦

2018.01.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

2020年のセンター試験改革は何のためなのか?

<2年後の導入が決まっている「大学共通テスト」は、期待されているようなグローバルな視点の育成とか教育水準の底上げにはつながらない> 今年も大

2018.01.18

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!