プレスリリース

【エンポリオ アルマーニ カフェ表参道】バレンタイン気分を高める「ラズベリー、ライチ、バラとチョコレート」のパフェが2月1日より登場!

2021年01月25日(月)19時29分
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 株式会社
エンポリオ アルマーニ カフェ表参道の大人気メニュー「月替わりのパフェ」。2018年に初登場して以来、その時期に旬を迎えるフルーツをたっぷりと使ったパフェが月替わりで登場し、今では店頭の一番人気メニューとして定着しました。来月2月には、バレンタイン気分をぐっと盛り上げてくれる「ラズベリー、ライチ、バラとチョコレート」のパフェが登場します。


2月のパフェは、カカオニブを薄く伸ばしてローストしたヌガティーヌカカオ、スティック状に仕上げたメレンゲとルビーチョコレートがトップ部分を華やかに彩ります。そして、その下からは爽やかな風味のライチシャーベットと、濃厚な味わいをご堪能頂けるチョコレートジェラートが登場します。


フレッシュなラズベリーと苺の下には、アクセントのラズベリーソース、チョコレートクランブルとカカオニブのクリスタリゼを重ね、多彩な食感に仕上げました。軽やかなチョコレートシャンティーの中心には、バラの風味をまとわせたビスコッティ・サヴォイアルディと苺を忍ばせ、チョコレートの味わいの中に華やかさをプラス。ボトム部分のライチゼリーと赤ワインゼリーがパフェ全体の味に統一感を持たせ、風味豊かで食べ応えのある味わいを最後までお楽しみいただけます。

月替わりのパフェが絶大な人気を誇るその理由は、すべての素材をひとつひとつパティシエが丁寧な手仕事で作り上げることで実現できる味わいの豊かさと、異なる味覚や食感、温度をパフェグラスの中で見事に融合させているバランス感覚、そしてファッションブランドが展開するカフェらしい、ビジュアルの美しさです。

過去に登場したいずれのパフェも、運ばれてきた瞬間に思わず歓声をあげたくなるような美しさが特徴で、味覚とともに視覚としても記憶に残る1皿です。




「ラズベリー、ライチ、バラとチョコレートのパフェ」は、2月1日(月)~28日(日)までエンポリオ アルマーニ カフェ 表参道でお楽しみいただけます。


■概要
店舗情報:エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道 / TEL: 03-5778-1637
(旧エンポリオ アルマーニ カフェ青山 は、2/1よりエンポリオ アルマーニ カフェ表参道に店名変更いたします)
営業時間: 11:30-19:30 (L.O. 18:30)
定休日: 不定休 / 住所: 東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道1F
価格: 税込¥1,800(カフェセット税込¥2,300) ※共にサービスチャージ(10%)を別途頂戴いたします

【エンポリオ アルマーニ カフェとは】
エンポリオ アルマーニ カフェのコンセプトは「モダンでリラックスした雰囲気の中、カジュアルに洗練されたお料理やスイーツを楽しんでいただけるカフェ」。1998年にパリで世界最初のEMPORIO ARMANIカフェがオープンし、現在は世界9店舗で営業。日本では表参道店、心斎橋パルコ店(昨年11月オープン)の2店舗を展開。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

米、中国「最大の地政学上の課題」と認識 国務長官が

ビジネス

2月米ISM非製造業指数は低下、支払価格上昇しイン

ビジネス

英財務相、雇用支援策を延長 23年に法人税率引き上

ビジネス

GMが北米3工場生産休止を再延長、ブラジル工場も 

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 4

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 8

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。…

  • 8

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 9

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 10

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!