プレスリリース

1905年創刊の女性ライフスタイル誌『婦人画報』創刊115周年記念号 発売

2020年06月01日(月)17時34分
株式会社ハースト婦人画報社
坂本龍一氏の特別寄稿も掲載

1905年創刊の女性ライフスタイル誌『婦人画報』(株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長:二コラ・フロケ)は、創刊115周年記念号となる7月号を2020年6月1日に発売しました。


■『婦人画報』とは

『婦人画報』は1905年初代編集長国木田独歩が創刊した、日本で最も歴史あるライフスタイル誌です。創刊当時から「日本のよきヒト・モノ・コト」を日本人女性に発信し続けてきました。知ること、学ぶこと、考えることを重ねて豊かに美しくなっていく女性に向けて、歴史と伝統のもとに培われてきた衣・食・住における選りすぐりの情報を提供しています。
本年創刊115周年を迎え、『婦人画報』が有するライフスタイルにおける深い知見とそれを支える幅広いネットワークを結集し、記念号として7月号を発売しました。



創刊115周年特別寄稿 「ニューヨークからの提言」 坂本龍一
『婦人画報』と深いつながりのある坂本龍一氏からのメッセージを掲載。新型コロナウイルスの自粛生活下より、アーティストである坂本氏ならでは提言、それは「『失う』ことから創造は生まれる」でした。坂本氏は、巻頭連載を務めるレギュラー筆者であり、また、数々の企画で同氏の社会活動を紹介してきました。婦人画報の世界観と深くつながる坂本氏からの、この社会情勢下におけるメッセージは必見です。

■創刊115周年記念号 特別特集 いのちは食でつくられる」
今、コロナ禍のなか多くの人が身体の安全や体の健康に最も関心を寄せています。長い歴史の中で上質な「食」に関して、何度も特集を組んできた『婦人画報』にしかできない、「食養生」を115周年記念号のメインテーマとしました。

part1】おいしい食養生
[発酵の力で体を整える」 いま、食卓でできること。
日本の気候風土で受け継がれてきた日本人の体に馴染む、日本の伝統的な発酵食品をもっとおいしく、簡単に楽しみながら毎日の食事に取り入れる方法を紹介します。



part2】特別別冊付録 心を支え、体を整える「有元葉子の一週間レシピ」
一日一食だけでいい。きちんと献立を整えると、心も体も健やかに過ごすことができます。一日三食すべてに力を注ぐのは大変です。けれど、「一日に一回だけ、バランスの取れた献立整える」そう考えると気持ちが少し軽くなります。特別別冊付録では、日々の健やか生活を支える「ふだんのごはん」を有元葉子さんにご紹介いただきます。


創刊115周年特別企画 婦人画報7人の女性
与謝野晶子(歌人)、柳原白蓮(歌人)、九条武子(歌人)、吉行あぐり(美容家)、岡本かの子(作家)、宮本百合子(作家)、三岸節子(画家)。創刊から太平洋戦争前後に自我を貫き、時には恋に生きた、この7人の女性たちが『婦人画報』に残した足跡を辿ります。

■創刊115周年特別企画 つなぎつたえるインスタグラムストーリー投稿をスタート
115周年を記念し、インスタグラムストーリー配信を実施。特集の見どころ、編集裏話、そして、創刊からつなぎ伝えてきた思いをストーリーに込めました。『婦人画報』がつなぎ、そして未来に伝えていきたいことを投稿します。
婦人画報インスタグラム:https://www.instagram.com/fujingahojp/


【販売価格】 1,300円(税込)
【販売書店】全国の主要書店、ネット書店、ELLE SHOPにてお取り扱いしております。
ELLE SHOP:https://bit.ly/2Ah7mej           

■ハースト婦人画報社について
ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、米国で最大級のメディアグループ、ハーストの一員です。1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE(エル)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『Men’s Club(メンズクラブ)』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌発行と多数のデジタルメディアの運営を手掛けています。近年はメディアの領域にとどまらず、「エル・ショップ」などのEコマースの運営、クライアント企業のマーケティング活動をトータルにサポートする「HEARST made (ハーストメイド)」 のサービス提供、データに基づきクライアントブランドのマーケティングを支援する専門組織「ハースト データ スタジオ」を立ち上げるなど、コンテンツ制作における知見にデジタルの知見とデータを融合した企業活動を展開しています。
URL:https://www.hearst.co.jp
ツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!