コラム

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ......『パブリック 図書館の奇跡』

2020年07月15日(水)18時20分

『ニューヨーク公共図書館〜』では、ホームレスの利用者への対応が深刻な問題になっている。図書館の幹部会議でその議題が取り上げられたとき、館長は迷いを抱えながら以下のように語る。


「図書館の適切な役割は何だろう。単なる開かれた場所から一歩進んでホームレス政策にどこまで踏み込むべきか。行政や専門機関といかに連携するか。これは全員が直面する問題だ」


「規則や専門機関を設けるのも大事だが、最終的に変えるべきはこの街の文化だと思う。恐ろしい人物もいるが、ご近所の来館者として助けるべき人もいる。だが、どうすればいい?」

さらに、老若男女、移民、障害者などあらゆる利用者と図書館の関係に光があてられる一方で、レクチャーやトークなどの企画を通して、奴隷制から現代に至る歴史に潜む歪曲や排除が掘り下げられていく。その結果、歪曲や排除の上に成り立つ民主主義と公共図書館が掲げる民主主義というふたつの民主主義がせめぎ合い、分断された社会が見えてくることになる。

これに対して、本作でも、占拠が起こる以前にホームレスの利用者への対応が問題になっている。体臭を理由に退館を求められたホームレスが、差別だとして図書館を訴えたのだ。それが、スチュアートと検察官デイヴィスの因縁のはじまりとなり、スチュアートが占拠に同調する伏線にもなっていく。

「公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ」

さらに、本作でも社会の分断が、その歴史も視野に入れつつ掘り下げられる。特に強烈なのは、冒頭に流れるラッパーのライムフェスト(彼はホームレスのひとりも演じている)の曲「Weaponized」だろう。それは、こんな過激なメッセージで始まる。


「本を燃やせ/燃やし尽くせ/憎い奴らの歴史を消し去れ/記念碑を取っ払い 存在を葬れ/何とか暮らせりゃそれで満足か?/どこまでも開けた空 閉じてくドア/日々に追われるまま死んでく心と体/抵抗したい おれだけの武器を手に」

監督のエステベスは、そんな激しい怒りが、公共図書館という世界のなかでどのように変化していくのかを描こうとする。本作では、占拠によって生まれる内部と外部が巧妙に対置されていく。内部にはある仕掛けが施されている。エステベスは、作家や学者、活動家といった著名人の肖像と名言からなる垂れ幕を用意し、それをあちこちに吊り下げている。

たとえば、フレデリック・ダグラスやソジャーナ・トゥルースは、奴隷制の歴史を思い起こさせるだろう。ホームレスが封鎖する3階の出入口の脇には、パーシー・シェリーの「眠りから覚めたライオンのように立ち上がりなさい。打ち負かされない群れとなって」という言葉が掲げられている。

導入部で目に入るヘンリー・デイヴィッド・ソローの「愛よりも、金よりも、名声よりも、真実がほしい」という言葉は、後半で意味を持つ。話題性だけを求める女性レポーターは、人質監禁というデイヴィスの情報を鵜呑みにし、内部の様子を撮影した映像を入手しても確認しようとはせず、SNSでの反響に狂喜している。

そして本作でも、ふたつの民主主義のせめぎ合いが浮き彫りにされる。刑事や関係者が動静を見守る図書館の警備室で、強制的な排除を主張するデイヴィスが、「法と民主主義を守るのが私の務めです」と発言したときに、図書館の館長がぶち切れ、「公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ。あんたらチンピラどもに戦場にさせてたまるか」と言い放って、占拠者の一員となるのだ。

エミリオ・エステベスの70年代のアメリカ映画への意識

こうした視点とともに、もうひとつ見逃せないのが、エステベスの70年代への強い愛着だ。彼の監督デビュー作『ウィズダム/夢のかけら』は、80年代の"ボニー&クライド"といわれた。本作の設定やドラマも、明らかに『狼たちの午後』を筆頭とした70年代のアメリカ映画が意識されている。

では、本作の冒頭で「Weaponized」によって提示された激しい怒りはどう変化していくのか。それは、ある場面でスチュアートが朗読するスタインベックの『怒りの葡萄』によって、人種を超えた人々の魂のなかに実る怒りの葡萄に変換され、最終的に「雨が上がり 晴れ渡る世界」という詞で始まるジョニー・ナッシュの70年代のヒット曲「I Can See Clearly Now」の世界に思わぬかたちで回収されていく。

簡単には答えを出しがたい深刻なテーマを扱いながら、70年代の映画や音楽に影響された感性で、ユーモアも交えながらそれをまとめ上げるあたりが、いかにもエミリオ・エステベスらしい。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中