コラム

ケイザイを読み解く 野口旭
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(6完)─正統派との共存可能性

●これまでの記事はこちら <モズラーによって発見されたMMTの中核命題や、それに基づく会計分析それ自体は、必ずしも正統派と共存不可能ではない

2019.08.20
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(5)─政府予算制約の無用論と有用論

●これまでの記事はこちら <MMTとヘリコプター・マネー論は、しばしば混同されるものの、基本的に似て非なる政策戦略である......> MM

2019.08.13
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(4)─クラウド・アウトが起きない世界の秘密

●これまでの記事はこちら <MMTは「政府財政は景気循環を通じて均衡する必要すらない」と結論しているが、それがどのような推論から導き出される

2019.08.08
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(3)─中央銀行無能論とその批判の系譜

<MMT派と正統派とは、基本的に水と油にように混じり合わないマクロ経済思考の上に構築されている。しかし、反緊縮正統派の側からは時々「少なくと

2019.08.01
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(2)─貨幣供給の内生性と外生性

<現在、世界および日本の経済論壇において、賛成論と反対論の侃々諤々の議論が展開されているMMT。その内実を検討する......。第二弾> ●

2019.07.30
ケイザイを読み解く 野口旭

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(1)─政府と中央銀行の役割

<現在、世界および日本の経済論壇において、賛成論と反対論の侃々諤々の議論が展開されているMMT。その内実を検討する......> 消費増税を

2019.07.23
ケイザイを読み解く 野口旭

増税があらゆる世代の負担を拡大させる理由

<増税論をめぐっては、政府債務の将来世代負担論がしばしば主張されるが、赤字財政政策は状況によっては将来負担を減少させる場合さえあることを明ら

2018.12.21
ケイザイを読み解く 野口旭

財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか

<増税論にとっての最後に残された切り札のような役割を果たしてきた、政府債務の将来世代負担論。「政府債務はどこまで将来世代の負担なのか」。改め

2018.12.10
ケイザイを読み解く 野口旭

数十年ぶりに正常化しつつある日本の雇用

<アベノミクスによって需要不足がほぼ解消されたことで、社会全体の生産可能性の拡大が、実質賃金の増加という形で、人々の厚生にそのまま結びつき始

2018.08.31
ケイザイを読み解く 野口旭

世界が反緊縮を必要とする理由

<現在の世界経済を貫く経済政策上の基本的な対立軸は、もはや政治イデオロギーにおける右や左ではなく、「緊縮vs反緊縮」である...> 経済論壇

2018.08.01

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!