ロシア

60年代、ソ連が闇に葬った宇宙飛行士がいた? いまも残るSOSの音声記録

2022年6月15日(水)16時35分
青葉やまと(Pen Onlineより転載)

<1961年、燃えゆくソ連の宇宙船から助けを求める女性宇宙飛行士の声を傍受したと主張し、世間を驚かせた音声がある......>

人類初の有人宇宙飛行を成功させ、宇宙開発史にその名を残したソ連のユーリー・ガガーリン。1961年にこの偉業を成し遂げたガガーリンだが、彼の成功直後に宇宙を目指し、闇に葬られたソ連の女性宇宙飛行士がいたという噂が囁かれている。

イタリアの無線愛好家の兄弟が1961年、燃えゆくソ連の宇宙船から助けを求める女性宇宙飛行士の声を傍受したと主張し、世間を驚かせた。これを録音したとされるものが、現在も残る(次ページに掲載)。英デイリー・スター紙が要所の英訳を掲載しているので、さらに日本語訳にした形でご紹介したい。

残された音声は生々しいトーンで、徐々に悪化する船内の状況を訴えている。「聞いて......聞いて! 応答せよ、応答せよ、応答せよ。話して! 話して!」「暑い! え? 45、50。よし、よし。息、息。酸素、酸素。暑い、危険じゃない?」

声は次第に感情的になりながらも、交信を確保しようと試みる。「本当に......そう......これは? 何? 応答して! どう発信すれば。そう。何? 発信を開始。41。こうだ。できた。暑い。本当に......暑い。暑い。」

最後には炎がコックピットに達したのか、次のような言葉が残されている。「炎がみえる。炎がみえてる! 暑い。暑い。32。32。41。墜落するの? そう、そう。暑い。暑い! 再突入する。」

大気圏再突入に失敗?

この音声データが事実であれば、ソ連がガガーリンの直後に有人宇宙飛行に失敗し、犠牲者を闇に葬っていたことになる。デイリー・スター紙は、「この宇宙飛行士は地球の大気圏に再突入する際に技術的問題に見舞われ、『消えた』とされる」と報じている。ミッションが失敗したことで、ソ連はミッションの存在自体を隠ぺいしたとの見方がある。

時系列を整理すると、ガガーリンがボストーク1号に単身登場し、人類初の有人宇宙飛行を成功させたのが1961年4月だ。「地球は青かった」との名言を残したのもこのときだ。より忠実な訳では、「空はとてもとても暗く、地球青みがかった色をしていた」となる。

早くも約1ヶ月後の同年5月5日、当時激しい宇宙開発競争を繰り広げていたアメリカは、マーキュリー3号にアラン・シェパード氏を登場させ、有人宇宙でソ連に追いつく。

リードを広げたいソ連は同年8月、ボストーク2号にゲルマン・チトフ氏を乗せ、地球17周の旅を成功させた。チトフ氏はソ連で2番目の宇宙飛行士として名を残している。

一方、本音声は同年5月23日に傍受されている。帰還に成功していれば、ソ連で2番目の宇宙飛行士、かつ世界初の女性宇宙飛行士として知られることになっていたのかもしれない。ただし、この音声記録については陰謀論の類だとの捉え方もあり、必ずしも信憑性があると考える人ばかりではないようだ。

いずれにせよ、鬼気迫るこの音声は人々の興味を惹き、数年ごとに話題となっている。2014年には、実際の音声をもとに事件を映像化した5分間の短編映像作品『Kosmonauta』が制作された。

今日ではイーロン・マスク氏やジェフ・ベゾス氏などが率いる民間宇宙企業も含め、ロケット開発の進展が華々しい。その影で、2003年にはアメリカのスペースシャトル「コロンビア号」が大気圏再突入に失敗して空中分解する痛ましい事故が起きるなど、宇宙開発は成功と失敗の繰り返しだった。歴史の影に、人知れず犠牲となったソ連の宇宙飛行士がいたのかもしれない。

今、あなたにオススメ

話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、ご登録はこちらから。

今、あなたにオススメ

注目のキーワード

注目のキーワード

本誌紹介

特集:ラーゲリより愛を込めて

本誌 最新号

特集:ラーゲリより愛を込めて

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

2022年12月13日号  12/ 6発売

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

【写真特集】ブラック・パンサーの主役だった女性同志たち