コラム

人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

かんぽ生命不正販売、3人謝罪会見が象徴する「責任の分散」という要因

<以前から不正の認識があったはずなのに、なぜもっと早く止められなかったのか。不正を働く企業には共通する心理的な要因がある> 今年になって発覚

2019.08.23
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

日本企業に蔓延し始めた「リファラル・ハラスメント」

<社員が候補者を紹介する「リファラル採用」が大流行りだ。メリットばかりのように思えるが、大きな落とし穴が2つある。企業の人事も知らない弊害が

2019.07.08
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

パワハラが起こる3つの原因 日本企業は変われるか

<パワハラ防止法が国会で可決した。パワハラはどんな原因で起こり、それを防ぐにはどんな対策を取るべきか。そして企業にとって、パワハラが「違法に

2019.06.05
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

【保存版】平成30年間の新卒採用:人気企業、求人倍率、新入社員タイプ...

<1年ごとにまとめた表で、30年間の変遷をたどる。そこから浮かび上がったのは、令和の時代に求められる人と企業の新しい関係だ> 4月1日、新元

2019.04.24
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

就活生と企業の「ズレ」を解消する、面接の3つのポイント

<学生と企業は求めているものが違うが、こんな就職活動のままでは新入社員の離職願望問題は解決せず、学生も企業も幸せになれない。そもそも学生の間

2019.03.19
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

「転職で賃金増」の減少を、キャリアコンサルタントとして歓迎する理由

<活況を呈している転職市場に、ついに変化が現れた。転職で賃金が1割以上増えた転職者の比率が減ったのだ。今こそ、「もっと大切なもの」を重視した

2019.02.08
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

退職者が続出する企業には「セルフ・キャリアドック」が必要だ

<採用が難しいので、せめて退職者を減らしたいのに、なかなか定着しない......。人と企業の関係が大きく変わろうとする中で、プロのキャリアコ

2019.01.11
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

<10月1日時点の大卒予定者の就職内定率は、77%で過去最高。だがその一方で、憂慮すべき調査結果も発表された。売り手市場で学生は真摯さを失い

2018.12.04
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

就活ルールの議論では、企業も大学も学生のことを考えていない

<早いか遅いかではなく、大切なのはキャリア観を醸成すること。大学生はむしろ、1年生から「活動」をすべきだ> 就職活動のルールが話題になってい

2018.10.30
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

企業不祥事がなくならない理由は「ダブルバインド・コミュニケーション」

<忖度さえ生んでしまう「double bind」のコミュニケーションが、相次ぐ不祥事の背景にある。不祥事を防ぐには、人事制度の変革が必要だ>

2018.10.05
  • 1

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 6

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 7

    「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識

  • 8

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 9

    子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

  • 10

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!