コラム

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

小6の娘が同い年の友達の運転する車に!? 親は見て見ぬふり

<同級生のマリアが運転する車に娘が乗っていたことが分かりました。マリアの母は知っていたばかりか、小6の2人に車でお使いに行かせ、自分はテレビ

2020.07.10 
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ママだってパパと同じくらい頭がいいのに...

<私は博士号を持っていますが、子供たちは数学と科学に強い夫のほうが「頭がいい」と思っています。私は「世話をするほうの親」として見られているよ

2020.07.08
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

1000万円以上の借金を隠していた夫と離婚してもいい?

<私は離婚を望んでいます。身勝手な行動で家族の安定を台無しにした人と一緒にはいられません。でも、小学生の子供に夫の金銭トラブルを話すのはちょ

2020.06.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「イクメンなのに......」失意のパパと、愛され過ぎるママの私

<夫は忍耐強くて遊び上手な素晴らしいパパ。娘ともうまくやっているのですが、ママがいるとそっちのけに......。小説家ミシェル・ハーマンのア

2020.06.18
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

10歳の娘は彼氏と時々キスをする「いくらなんでも早くない?」

<娘のカレはとてもいい子で、家族ぐるみの付き合いもあります。ところが、すでに2人はキスをしているとのこと。過剰反応はしたくありませんが、これ

2020.06.12
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「身内の死」続きで動揺する4歳の娘 近々、愛犬を安楽死させることは事前に伝えるべき?

<1年の間に祖父や愛犬など身近な死を5回も経験した4歳の娘。近々、もう1匹の愛犬も安楽死させる予定ですが、娘の心に傷を残さないためにはどうす

2020.06.05
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

<「他人の子供に直接注意するなんて!」そう思った私はチップを減らし、店員の上司に直談判。この件をSNSに投稿。すると、なぜか批判の嵐。私は間

2020.06.01
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

母親失格? 自分の時間が欲しいだけなのに...

<もっと息子と一緒にいたい夫と、自分の時間が欲しい私。少し息抜きに出かけると夫に責められます。私はどこかおかしいですか? 小説家ミシェル・ハ

2020.05.29
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「重病の恋人のため」は大学進学を遅らせる理由としてアリ?

<彼女の病気を機に、内に籠もることが増えた息子。「進路は自分自身のニーズに基づいて決めるべき」と思いつつ、無理強いはしたくありません──。文

2020.05.28
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

読み聞かせ嫌いな私でも子供を読書好きにできますか?

<私は速読派なので、娘が声に出して読み聞かせる番になるとイライラしてしまいます。かといって、オーディオブックだと娘の集中力はもたないし──。

2020.05.06

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!