ニュース速報

ワールド

韓国中銀、0.25%利上げに減速・23年成長率予測下げ 引き締め終了視野に

2022年11月24日(木)15時15分

韓国銀行(中央銀行)は24日、政策金利を予想通り25ベーシスポイント(bp)引き上げて3.25%とした。写真は韓国中銀。2012年8月、ソウルで撮影(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は24日、政策金利を予想通り25ベーシスポイント(bp)引き上げて3.25%とした。利上げペースを減速したほか、2023年の成長率予測を引き下げ、金利の先行き見通しに関する表現も変更し、引き締め局面が終了に近いことを示した。

今回の引き上げで政策金利は2012年7月以来の高水準となった。ロイター調査ではエコノミスト30人中29人が25bp、1人が50bpの利上げを予想していた。10月は50bpの利上げを実施していた。

李昌ヨン総裁は会見で、中銀は「当面の間」利上げを継続できると表明。従来は引き締めの期間を示していなかったが、「当面」について説明を迫られ、3カ月間を指していると答えた。ただ、利下げの開始時期を議論するのは時期尚早との認識を示した。

3カ月後以降については「不確実性が高い」とした。

中銀はこれまでで最も積極的な政策引き締めのさなかにある。21年8月に利上げを開始し、新型コロナウイルス禍を受け導入した刺激策の巻き戻しにアジアで先駆けて着手した。今年7月には、1999年に現在の枠組みを採用して以来初となる50bpの利上げに踏み切った。昨年8月以降の利上げ幅は合計275bpに達している。

教保証券の債券アナリストは「引き締めが少なくとも来年2月まで継続するという意味で、引き締めサイクルが第1・四半期に終了する可能性があることをこれまでで最も明確に示した」と指摘した。

会見後に3年物国債の利回りは一時14.9bp低下し、3.710%となった。10年債利回りは一時16.4bp低下の3.619%。

<成長見通し下方修正>

中銀は23年の成長率予想を従来の2.1%から1.7%に下方修正。今年の見通しは2.6%に据え置いた。23年のインフレ見通しは従来の3.7%から3.6%に引き下げた。

李総裁によると、金融通貨委員会のメンバーは政策金利の最終到達点について意見が分かれた。メンバー7人のうち1人は3.25%、3人は3.50%、2人は3.75%でピークを打つとみているという。

ロイター調査の予想中央値では、韓国中銀は来年3月末までに政策金利を3.50%に引き上げて、利上げを停止するとみられている。

通貨ウォンの対ドル相場は10月下旬に付けた13年ぶりの安値から7%余り戻しており、利上げペースを減速させやすい環境となっている。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ガレス・レザー氏は「成長率が鈍化しインフレも緩和する中で、中銀の引き締めサイクルは終わった可能性があると考えている」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

キーストーン・パイプライン停止、カンザス州で原油1

ビジネス

国債発行を安定財源に位置付けるのは難しい=防衛力強

ワールド

サウジと中国、戦略協定に署名 習主席「アラブとの新

ワールド

米女子バスケ選手釈放、ロシア武器商人と囚人交換 U

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 6

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 7

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 8

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 9

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 10

    部活動指導に教師が長時間を費やすのは世界の非常識

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中