ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに語る97歳の元豪兵士

2020年08月15日(土)08時12分

 オーストラリア・シドニー北部の海岸近くで暮らすリンゼイ・ダフティさん(写真)は、18歳だった1942年2月、日本軍が同国への初の爆撃として北部港湾都市ダーウィンを奇襲した日に、爆弾を投下する爆撃機の操縦席パイロットの顔が見えたことをしっかり覚えている。写真はシドニーで7月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 13日 ロイター] - オーストラリア・シドニー北部の海岸近くで暮らすリンゼイ・ダフティさんは、元気な白髪の97歳。18歳だった1942年2月、日本軍が同国への初の爆撃として北部港湾都市ダーウィンを奇襲した日に、爆弾を投下する爆撃機の操縦席パイロットの顔が見えたことをしっかり覚えている。

ダフティさんが砲火を経験したのは初めてで、そのとき、対空砲班の僚友を見殺しにすることになるのではと不安になったのも忘れてはいない。

「残念ながら私たちは全く不意打ちされた」とダフティさんは語る。「レーダーの用意はなく、戦闘機もなく、低空飛行を狙うボフォース軽対空砲もなかった。ただただ、できるだけのことをするしかなかった」

ダフティさんは今も、75年前の9月2日に日本が降伏文書に調印し、第2次世界大戦の太平洋戦争が終わったときに感じた静かな安らぎを忘れない。

日本はドイツ、イタリアと枢軸同盟を組み、アジア太平洋域を侵略し占領した。

1942年2月19日に始まって43年11月まで、ダーウィンは数十回の空襲を受けた。これは「オーストラリアでの真珠湾攻撃」と呼ばれることもある。

当時、ダーウィンは連合国軍の主要拠点で、近隣の南太平洋諸島での展開を支援する船舶や飛行機の基地ともなっていた。

ダフティさんは42年に入隊してすぐにダーウィンに送られた。到着して間もない2月19日、日本軍の240機が2回に分けてダーウィンに爆弾を投下。民間人のほかオーストラリア軍と米軍の計240人が死亡した。オーストラリア政府の記録によると、日本軍はダーウィン港で船舶8隻を撃沈した。

ダフティさんは日本軍の長距離戦闘機について語る。「爆撃は激しかった。急降下爆撃機も零式艦上戦闘機(ゼロ戦)も来た。樹木すれすれの高度まで降下してきた」

ダフティさんによると、10人ほどだった自分の班は身を守るものがほとんどなく、地面は岩だらけで塹壕を掘るにはあまりにも固く、おまけに近くには爆薬が積み上げられていた。

幾度となく空襲が続き逃げ惑ううち、近くの炸裂で石ころが雨のように降り注いだと振り返るダフティさんの顔には、それでもほほえみが浮かぶ。何とかその場を逃れるとき、僚友の手をしっかり握っていたのだという。「なんとも決まり悪いね」

45年、シドニー北部の軍需品倉庫で働いていたとき、広島と長崎への原爆投下を受けて日本軍が降伏したことを知った。特に歓喜は起こらなかったという。「ただ、ひそやかな安堵感だけがこみ上げてきたよ」

(Jonathan Barrett記者、Jill Gralow記者)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米政権のウィーチャット禁止措置、連邦地裁が仮差し止

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ビジネス

焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!