ニュース速報

ワールド

サウジアラムコ、第2四半期は73%減益 需要回復の兆しも

2020年08月11日(火)02時29分

 サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたエネルギー需要の落ち込みや価格下落が響き、73%の大幅減益となった。写真は2019年11月にサウジアラビアのダーランで撮影(2019年 ロイター/Hamad I Mohammed)

[ドバイ/リヤド 10日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>が発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたエネルギー需要の落ち込みや価格下落が響き、73%の大幅減益となった。

ただ、アミン・ナセル最高経営責任者(CEO)は750億ドルの年間配当計画を維持する方針を示し、世界の石油需要は回復しつつあると述べた。

アラムコは、新型コロナが世界中で急速に拡大したことを受けて原油や天然ガス、石油製品の需要は著しく減少したと指摘した。

ナセル氏は決算発表後の記者会見で、新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)が段階的に緩和され、経済活動が再開されるに伴い、エネルギー市場は部分的に回復し、需要は上向いていると述べた。

「中国ではガソリンやディーゼルの需要がほぼコロナ前の水準に達している。アジアやその他の市場で改善が見られる」とし、「各国がロックダウンを緩和するに伴い、需要は増加する見込みだ」と語った。

第2・四半期の純利益は73.4%減の246億リヤル(65億7000万ドル)で、アナリスト予想の313億リヤルを下回った。前年同期は926億リヤルだった。

アルラジ・キャピタルのリサーチ責任者は「アラムコの決算は他の国際石油企業と比べると健全だ。近代石油業界史上最悪の四半期を健全な業績で乗り切ったということは、見通しは非常に明るいことになる」と指摘した。

ナセル氏は、2020年の配当を計画通り支払う意向を示し、「取締役会の承認と市場の状況次第となるが、750億ドルを支払うつもりだ」と述べた。

この年間計画に沿って第2・四半期は187億5000万ドルの配当を支払う。アラムコの配当はサウジ政府の財政運営に重要な役割を果たす。

第2・四半期のフリーキャシュフローは61億ドル、上半期では211億ドル。前年同期はそれぞれ206億ドルと380億ドルだった。

また、同社は今年と来年の設備投資を削減するものの、生産能力を引き上げる計画を進めていると表明。

ナセル氏はアナリストや投資家との電話会談で、2021年の設備投資計画が「従来の指針を大きく下回る」と指摘。一方で、生産能力を日量100万バレル増の1300万バレルにするよう進めていると述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏が退院、医師「完全回

ワールド

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

ビジネス

訂正:日経平均は小反落、円高一服が安心感誘い徐々に

ワールド

焦点:効果上がる米の遠隔医療、規制緩和が活用後押し

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!