ニュース速報

ワールド

米、中国旅客便乗り入れ禁止へ 米社の運航再開に向け圧力

2020年06月04日(木)07時38分

トランプ米政権は3日、中国航空会社による米国への乗り入れを16日から禁止すると発表した。新型コロナウイルス流行で運航を休止していた米航空会社の中国路線再開に向け、中国政府に圧力をかける。仏トゥールーズで2018年7月撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ米政権は3日、中国航空会社による米国への旅客便乗り入れを16日から禁止すると発表した。新型コロナウイルス流行で運航を休止していた米航空会社の中国路線再開に向け、中国政府に圧力をかける。

米運輸省は、中国が両国の航空協定に違反したことへの対応と説明。中国は依然として米航空会社による旅客機運航再開を許可する日程を明確にしていないと批判した。

米国路線運航禁止の対象となるのは中国国際航空<601111.SS>、中国東方航空、中国南方航空<600029.SS>、海南航空<600221.SS>のほか、比較的小規模の四川航空と厦門航空で、中国のチャーター便も規制される見通し。

運輸省は先月、デルタ航空とユナイテッド航空が中国便運航の6月再開を要請したにもかかわらず、中国政府が阻止していると批判。中国の航空4社に運航スケジュールの提出を求めていた。

中国の航空会社は新型コロナが世界的に流行している間も米国便の運航を続け、現在は週4往復を運航している。

運輸省は声明で「われわれは中国政府が米航空会社に対し許可するのと同数の定期便を中国航空会社に認める」とした。

ワシントンの中国大使館はコメントの要請に応じていない。

デルタ航空は声明で米政府の措置に支持を表明。ユナイテッドは、規制環境が整った段階での運航再開に期待を示した。

中国の航空各社は現在、定期便についてはそれぞれ週1往復しか運航していないが、中国人留学生の帰国支援などのためかなりの数のチャーター便を運航してきた。

米運輸省は、中国の航空会社は米国行きを1社あたり週1便に制限した中国のルールを迂回するためチャーター便を利用し、「米中間の旅客サービスで米航空会社に対する優位性をさらに高めようとしている」と指摘した。

米政府は1月31日、過去14日間に中国に滞在した外国人の入国を禁止したが、中国の航空便については制限を設けなかった。米主要航空会社は2月、中国との旅客便の全面運休を自主的に決定。3月12日までに全便を休止した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米株大幅反落、ダウ525ドル安 景気回復鈍化に懸念

ビジネス

ドル8週ぶり高値、世界経済の回復に疑問=NY市場

ワールド

新型コロナ危機、回復に何年もかかる恐れ=IMF筆頭

ワールド

米大統領、キューバ産ラム酒と葉巻の輸入に新たな制限

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少の理由とは?

  • 4

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 5

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!