ニュース速報

ワールド

EUと離脱交渉中の総選挙は国益にかなわず=メイ英首相

2018年09月26日(水)10時33分

 9月25日、英国のメイ首相は、欧州連合(EU)離脱についてEUとの交渉を進めている段階で総選挙を再度実施することは英国の国益にかなわないとの考えを示した。ロンドンで21日代表撮影(2018年 ロイター)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 英国のメイ首相は25日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)についてEUとの交渉を進めている段階で総選挙を再度実施することは英国の国益にかなわないとの考えを示した。

首相の離脱方針が国内とEUの双方で強い批判を浴びる中、与党・保守党内からメイ氏に対する退陣要求が出るとの観測や、政権が崩壊するのではないかといった見方が浮上している。

メイ首相は国連総会に出席するためニューヨークに向かう機上で「国益にかなう良い合意を実現することに取り組んでいる。選挙の実施は国益にかなわない」と述べた。

また、EUと英国は合意に達すると言明し、2度目の国民投票の実施を否定した。

メイ首相は、EU側が現在提示している条件を受け入れるよりは、条件などで合意しないまま離脱する方が望ましいとし、離脱交渉を前進させるためにはEUが新たな提案を行う必要があるとの考えを改めて示した。

メイ首相は記者団に対し「悪い合意の下で離脱するよりは、(条件などで)合意しないまま離脱する方が望ましいとこれまでも述べてきた」とし、「悪い合意とは、英国の解体につながるものだと考えている」と述べた。

その上で、トゥスクEU大統領が英国との合意を望んでいるとの立場を示したことは歓迎しているしながらも、自身が示した離脱方針に対しEU側が提案を行う必要があると指摘。「EUに何らかの懸念がある場合、英国に対しそうした懸念を表明する必要がある。対抗する提案がある場合、提示してもらい、共に協議していきたい」と述べた。

メイ首相は26日に行う財界幹部向けの講演で、離脱後の英国を築く上で政府は「全面的に親ビジネス」の姿勢で取り組むと表明する見通しだ。自身の離脱案を撤回する考えはないとも述べる見込み。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

ワールド

英で新型コロナ第2波加速、首相が国民に規制遵守求め

ワールド

プラウド・ボーイズは「知らない」、法執行当局に仕事

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!