ニュース速報

ワールド

米大統領、対中追加関税発動巡り通商顧問トップと14日協議=政権筋

2018年06月14日(木)09時39分

6月13日、トランプ米大統領(写真)は、先に発表した中国製品に対する追加関税を発動するかどうか決断するため、14日に通商顧問トップらと協議する。ホワイトハウスで2018年5月撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は、先に発表した中国製品に対する追加関税を発動するかどうか決断するため、14日に通商顧問トップらと協議する。政権高官が13日明らかにした。

大統領は、関税の対象となる総額500億ドル相当の中国製品の修正リストを15日に公表する。

複数の関係筋によると、修正版では当初公表したリストよりも若干規模が小さくなり、特に情報技術分野で一部項目の削除や追加がなされている。

別の政府当局者によると、修正リストの草案で示された関税の対象は約1300項目、総額500億ドル相当と、当初のリストに近いものの、金額と項目数はまだ変更される可能性があるという。

ただ、大統領が関税発動を決めた場合の発動時期は不明。

複数の業界ロビイストはロイターに対し、14日中に連邦広報での告示とともに関税が発動される、あるいは発動は来週まで持ち越される可能性があると語った。

大統領は1974年通商法に基づき、中国の知的財産権を巡る慣行への調査を開始したが、同法では関税の発動を30日遅らせることが可能だ。また、米通商代表部(USTR)が中国との交渉が進展していると判断する場合、発動をさらに180日遅らせることができる。

関係者はロイターに対し、「大統領の通商チームは関税発動をすでに助言している。発動されないとなれば、大統領が自身に関税発動の準備ができていないと判断したことになる」と語った。

この助言がなされたのは、トランプ大統領が先週の主要7カ国首脳会議(G7サミット)に向けて出発する前だったという。

トランプ大統領は13日放送されたFOXニュースのインタビュー番組で、中国との貿易を「厳しく取り締まっている」と発言。どれほど厳しいかと問われると、「極めて厳しいものだ。今後数週間で分かるだろう。中国側も米国の対応を分かっている」と語った。

大統領は特に関税について言及しなかったが、中国の習国家主席とは「極めて良好な関係にある」と述べた。

米中両政府は、中国の対米貿易黒字の縮小に向けて通商協議を進めている。ロス米商務長官は今月初めに北京で中国側と交渉し、米国産品の輸入を年間約700億ドル増やすとする中国側の提案を持ち帰った。しかし関係者によると、トランプ大統領はこの提案を受け入れなかったもよう。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!