ニュース速報

ワールド

アングル:トルコの通貨安対策に呆れる投資家、広がる不信感

2018年05月17日(木)09時47分

 5月15日、通貨リラの急落に見舞われているトルコのエルドアン大統領(写真)による経済政策説明会に出席した投資家のあいだに「衝撃と不信感」が広がった。ロンドンで14日撮影(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 15日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領が率いる政府代表団が14日、ロンドンで有力機関投資家に経済政策の説明会を開いた。通貨リラの急落に見舞われいるトルコとしては、政策運営に安心感を持ってもらう狙いだったが、出席した投資家の間には「衝撃と不信感」が広がった。

投資家が困惑を隠せなかったのは、エルドアン氏が景気刺激のための金利引き下げを目指しながら、物価上昇と通貨安に歯止めをかけるという同氏の計画が、一体どうやって実現できるかのか理解できなかったからだ。

何人かの投資家からは、エルドアン氏は国内の政敵を倒したとはいえ、経済学の正統な理論を無視した政策で国際金融市場に挑戦することは、はるかに難しいのだと思い知るだろうとの声が聞かれた。

最近はドル高の再燃や原油価格上昇、借り入れコストが跳ね上がっていることが、新興国市場全般を大きく混乱させている。しかしそうした要因で最も打撃を受けているのはトルコで、大幅な経常赤字を抱え、金融政策の独立性を巡る懸念が強まっていることが背景にある。

15日には、エルドアン氏が6月24日の大統領選と国会総選挙後に経済の統制を強化する意向を示すと、中央銀行の物価コントロール能力を巡る不安が強まり、リラは過去最安値を更新した。

トルコの物価上昇率は昨年初め以降2桁に戻っているが、エルドアン氏は自らを高金利に対する抵抗者と位置付け、物価抑制には金融引き締めで対応するという金融政策の理論を歯牙にもかけようとしない。

複数の投資家はロイターに、この局面で国際金融市場とあえて対決しようとしているエルドアン氏の姿勢には、開いた口がふさがらないと打ち明けた。

<危険な闘い>

エルドアン氏には敵対者が多く、その中には同氏が2016年のクーデター未遂事件の首謀者と批判する在米イスラム教指導者ギュレン師も含まれる。

ある大手資産運用会社のファンドマネジャーで、トルコのシムシェキ副首相との非公開会合に出席した人物は「エルドアン氏は反対勢力やギュレン師、過激主義者などと闘争を続けているが、今や市場にも闘いを挑んでおり、これは危険だ。金融市場を攻撃しても、勝利できない」と警告する。

エルドアン氏と会った別のポートフォリオマネジャーは、エルドアン氏がある意味正直で、6月の選挙に勝てば金利は下がると明言したと指摘。「エルドアン氏の考えでは高金利は物価上昇につながる。私は同意しかねる」と話した。

エルドアン氏は投資家に発したメッセージと同じ趣旨の発言をブルームバーグのインタビューでも行っている。同氏は、中銀の独立性にお構いなく金融政策に影響力を行使すると明言した。

(Karin Strohecker記者)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英自動車セクター、「合意なき離脱」なら25年あと戻

ビジネス

日銀景気判断、自然災害踏まえ2地域で引き下げ 米中

ビジネス

ドル112円半ば、トルコリラは暴落前の水準回復

ビジネス

日経平均は3日ぶり反落、米金利上昇と上海株安を懸念

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    日本は中国との闘い方を知らない

  • 2

    人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信することを選んだ

  • 3

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人は要注意

  • 4

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 5

    「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷…

  • 6

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 7

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 8

    サウジを厳しく追及できないイギリスの冷酷なお家事情

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!