ニュース速報

ワールド

アングル:トルコの通貨安対策に呆れる投資家、広がる不信感

2018年05月17日(木)09時47分

 5月15日、通貨リラの急落に見舞われているトルコのエルドアン大統領(写真)による経済政策説明会に出席した投資家のあいだに「衝撃と不信感」が広がった。ロンドンで14日撮影(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 15日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領が率いる政府代表団が14日、ロンドンで有力機関投資家に経済政策の説明会を開いた。通貨リラの急落に見舞われいるトルコとしては、政策運営に安心感を持ってもらう狙いだったが、出席した投資家の間には「衝撃と不信感」が広がった。

投資家が困惑を隠せなかったのは、エルドアン氏が景気刺激のための金利引き下げを目指しながら、物価上昇と通貨安に歯止めをかけるという同氏の計画が、一体どうやって実現できるかのか理解できなかったからだ。

何人かの投資家からは、エルドアン氏は国内の政敵を倒したとはいえ、経済学の正統な理論を無視した政策で国際金融市場に挑戦することは、はるかに難しいのだと思い知るだろうとの声が聞かれた。

最近はドル高の再燃や原油価格上昇、借り入れコストが跳ね上がっていることが、新興国市場全般を大きく混乱させている。しかしそうした要因で最も打撃を受けているのはトルコで、大幅な経常赤字を抱え、金融政策の独立性を巡る懸念が強まっていることが背景にある。

15日には、エルドアン氏が6月24日の大統領選と国会総選挙後に経済の統制を強化する意向を示すと、中央銀行の物価コントロール能力を巡る不安が強まり、リラは過去最安値を更新した。

トルコの物価上昇率は昨年初め以降2桁に戻っているが、エルドアン氏は自らを高金利に対する抵抗者と位置付け、物価抑制には金融引き締めで対応するという金融政策の理論を歯牙にもかけようとしない。

複数の投資家はロイターに、この局面で国際金融市場とあえて対決しようとしているエルドアン氏の姿勢には、開いた口がふさがらないと打ち明けた。

<危険な闘い>

エルドアン氏には敵対者が多く、その中には同氏が2016年のクーデター未遂事件の首謀者と批判する在米イスラム教指導者ギュレン師も含まれる。

ある大手資産運用会社のファンドマネジャーで、トルコのシムシェキ副首相との非公開会合に出席した人物は「エルドアン氏は反対勢力やギュレン師、過激主義者などと闘争を続けているが、今や市場にも闘いを挑んでおり、これは危険だ。金融市場を攻撃しても、勝利できない」と警告する。

エルドアン氏と会った別のポートフォリオマネジャーは、エルドアン氏がある意味正直で、6月の選挙に勝てば金利は下がると明言したと指摘。「エルドアン氏の考えでは高金利は物価上昇につながる。私は同意しかねる」と話した。

エルドアン氏は投資家に発したメッセージと同じ趣旨の発言をブルームバーグのインタビューでも行っている。同氏は、中銀の独立性にお構いなく金融政策に影響力を行使すると明言した。

(Karin Strohecker記者)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米中通商協議が再開へ、次官級で8月下旬 妥結の可能

ビジネス

ウォルマート、5─7月米既存店売上高は10年ぶりの

ワールド

米350紙、報道の自由訴える論説を一斉掲載 トラン

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 7

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 10

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!