ニュース速報

ワールド

第4四半期タイGDP、予想下回る 17年は5年ぶり高成長

2018年02月19日(月)14時15分

 2月19日、タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比4.0増加し、予想(4.4%増)を下回った。写真はバンコクで2016年5月撮影(2018年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク 19日 ロイター] - タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比4.0増加し、予想(4.4%増)を下回った。

ただ、2017年の成長率は5年ぶりの大きさとなり、堅調な輸出や観光を背景に、NESDBは18年の成長見通しを据え置いた。

第4・四半期は、前期比では季節調整済みで0.5%増加。こちらも予想の0.7%増を下回った。

公的支出が減速したほか、洪水の影響で農業部門が1.3%のマイナス成長となったことが響いた。

第3・四半期の全体の成長率は前年比4.3%と、2013年第1・四半期以来の高水準だった。

2017年の成長率は3.9%で、アナリスト予想と一致し、2012年以来の高水準を記録した。

2016年の成長率は3.2%から3.3%に上方修正された。

NESDBは、2018年の成長率が3.6─4.6%になるとの見通しを示し、これまでの予想を据え置いた。一方、2018年の輸出の伸び予想は5%から6.8%に引き上げた。

ロイターがまとめたアナリストの2018年成長率予想は4%。

スタンダード・チャータードのエコノミスト、ティム・リーラハパン氏は、コンセンサスを上回る4.3%の成長を予想し、「世界経済の成長や商品価格の上昇、堅調な輸入の伸びは、今年の輸出成長に向けた基盤が強固であることを示唆している」と述べた。

NESDBトップで、タイ中銀の政策決定委員も務めるPorametee Vimolsiri氏は、タイ経済が依然として回復途上にあり、インフレも引き続き目標を下回っていることを踏まえ、中銀は利上げを急がないと述べた。

当局者の間ではバーツ高の影響への懸念も強まっており、中銀は1月、バーツが急激に上昇した場合、行動する用意があると表明した。

Period Q4/17 Q3/17 Q2/17 Q1/17 Q4/16

Pct change

Q/Q (s/a) 0.5 1.0 1.3* 1.2* 0.8*

Y/Y 4.0 4.3 3.9* 3.4* 3.0

*内容を追加しました

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!