ニュース速報

ビジネス

アメリカン航空、超音速旅客機20機購入へ 新興企業ブームから

2022年08月17日(水)02時20分

米アメリカン航空グループは16日、米新興企業ブーム・スーパーソニックから超音速機「オーバーチュア」最大20機を購入する方針で合意した。1月24日撮影(2022年 ロイター/Joshua Roberts/File Photo)

[16日 ロイター] - 米アメリカン航空グループは16日、米新興企業ブーム・スーパーソニックから超音速機「オーバーチュア」最大20機を購入する方針で合意した。超音速機を購入する米航空大手としては過去2年間でユナイテッド航空に続き2社目で、2003年に引退した「コンコルド」以来初の超音速旅客機が世界の空に復活するとして期待が高まっている。

アメリカン航空は40機を追加購入するオプションも取得した。

オーバーチュアの座席数は65─88席。就航は2029年まで見込まれていないため、料金は現時点で不明という。

米マイアミ━英ロンドン間の飛行時間は5時間弱と、通常の約9時間の半分程度となる。

ユナイテッド航空も昨年6月、ブームからオーバーチュア15機を購入する合意を締結した。

超音速機は乗客1人当たりの燃料消費量が多いとして、環境保護団体などから批判を受けてきたものの、オーバーチュア機は持続可能な航空燃料もしくはその混合燃料で飛行するように設計されているという。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

警察の催涙ガス使用は不当、サッカー暴動でインドネシ

ビジネス

武田、副甲状腺機能低下症治療剤の製造を24年末で中

ワールド

ノーベル物理学賞にアスペ氏ら3氏、量子力学で功績

ビジネス

スペインの銀行、景気減速で引当金積み増し必要に=中

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中