ニュース速報

ビジネス

米上院民主党、半導体生産・研究強化法案を公表 520億ドル規模

2021年05月19日(水)11時31分

米民主党上院トップのシューマー院内総務は18日、国内の半導体生産・研究の大幅強化に向け5年間で520億ドルを支援する超党派法案を公表した。バイデン大統領(写真)も、半導体生産・研究の大幅強化に500億ドル規模の予算措置を呼び掛けてきた。ホワイトハウス、4月撮影(2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米民主党上院トップのシューマー院内総務は18日、国内の半導体生産・研究の大幅強化に向け5年間で520億ドルを支援する超党派法案を公表した。

半導体業界緊急支援案は、週内の審議開始が予定されている、米国の基礎・先端技術研究などに5年間で約1200億ドルを支援する法案に統合される見通し。

シューマー氏は支援案について、「米国が今後も半導体生産の最先端を行くよう確実に図る狙い」があると説明。半導体を外国に依存することは断じてできないとした上で、「今回の修正で依存する必要がなくなるだろう」と述べた。

既に成立した今年の国防権限法で規定された半導体関連措置の財源として495億ドルを手当てするなどの内容となっている。

バイデン大統領も、半導体生産・研究の大幅強化に500億ドル規模の予算措置を呼び掛けてきた。

緊急支援策の支持者らは、米国の半導体および超小型電子機器市場に占めるシェアが1990年の37%から12%に低下したとして危機感を示してきた。

この日公表された法案の要約は「中国共産党は半導体製造に1500億ドル余りを積極的に投資している。この主要技術を牛耳るためだ」と説明。国防権限法の半導体関連措置の早期実施を後押しすることになるとした。

支援策の内訳は、390億ドルが半導体生産と研究開発(R&D)のインセンティブ(奨励策)で、105億ドルはR&D関連事業に投資する。

世界的な半導体不足で米国内の自動車生産は打撃を受けている。

法案はまた、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ) や中興通訊(ZTE)の製品に代わる欧米製品の振興資金として15億ドルが盛り込まれた。米通信会社が支持するオープンアーキテクチャー仕様の「O-RAN(Open RAN)」の開発加速を目指す。

政府の端末に中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をダウンロードすることを禁止する規定も含まれた。「米国人のプライバシーおよびセキュリティー保護の向上」が狙いだとしている。

シューマー氏は、技術競争を中心に多くの面で中国の脅威が高まっており、米国はこれに対処しなければならないと指摘。大胆に対応を強化しなければ、高賃金の雇用機会を大幅に失う恐れがあると付け加えた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中