ニュース速報

ビジネス

米FRB議長、「辛抱強く」対応と強調 現行政策は「適切」

2021年03月05日(金)06時08分

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は4日、FRBの「政策スタンスは適切」とし、最大雇用達成まで現行の緩和的な政策を維持すると再表明した。写真は昨年9月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/ Drew Angerer/Pool via REUTERS/File Photo)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は4日、FRBの「政策スタンスは適切」とし、最大雇用達成まで現行の緩和的な政策を維持すると再表明した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が終息し、景気が上向けば、FRBが緩和維持の確約を堅持しない可能性があるとの市場の見方をけん制する内容となった。

パウエル議長は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催の米経済に関する会合で講演し、新型コロナウイルスワクチン接種の展開や政府の財政支援を踏まえ、FRBの二大目標である最大雇用と物価安定目標の達成に向け「近い将来一段の進展を遂げると考える十分な根拠がある」と述べた。

同時に「依然かなりの時間がかかる見通しだ」と表明。その上で「労働市場を最大雇用と見なす水準まで回復させたい」とし、失業率の低下だけでなく、賃金の増加や景気回復の初期段階で恩恵を受けないマイノリティー(少数派)などの雇用増など、「全ての回復を目指す」と強調した。

さらに、たとえ今春に予想通りに物価が上昇したとしても「FRBが辛抱強く対応することを明確にしたい」とし、景気回復がかなり進展するまで、緩和的な金融政策を変更することはないと言明した。

最近の米債利回りの急上昇については「注目に値し、留意している」としつつも、「無秩序な」動きとも、FRBによる介入が必要とも考えていないとし、「FRBの現在の政策スタンスは適切だ」と述べた。

パウエル議長FRBが利回り上昇に直ちに対応することはないと示唆したことで、議長の発言中に米10年債利回りはさらに5ベーシスポイント(bp)上昇した。

一部アナリストは、国債利回りの上昇が続けば、FRBは債券買い入れの増額などで積極的に介入できるとの認識をパウエル氏が示す可能性もあるとの見方を示していた。ただ、パウエル議長を含むFRB当局者は、利回り上昇はむしろ景気回復への信頼感を示すもので、FRBが監視している広範な金融情勢に大きな影響は及んでいないとしている。

ウィズダムツリーの債券戦略部門責任者、ケビン・フラナガン氏は「市場はFRBが長期債の買い入れを増やし、短期債の買い入れを減らすと表明することを望んでいるため、いくらかの失望はあった。約2週間後に連邦公開市場委員会(FOMC)を控えており、FRBがこうした変更を行うなら、市場に伝えるための格好の機会だった」と述べた。

オックスフォード・エコノミクスのチーフ米国ファイナンシャル・エコノミスト、キャシー・ボスティアンチッチ氏は「パウエル議長は利上げに向けた動きは極めて緩慢になると改めて確認した」と指摘。「市場はより確固たるガイダンスを望んでいたかもしれないが、パウエル氏にできるのはこれが最善だった」と述べた。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

イラン、ウラン濃縮60%に引き上げへ 来週にも開始

ワールド

東京五輪まで100日、難しいコロナ対策 暑さとの両

ビジネス

クレディ・スイス、アルケゴス絡みのブロック取引提示

ビジネス

ファイザー、5月末までに米へのワクチン供給10%拡

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中