ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

2020年09月25日(金)12時19分

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当狙いの買いが活発化した。写真は2月、株価ボードに映るマスク姿の人。(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha )

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当権利狙いの買いが活発化し、これらに支えられる格好で株価は終始堅調に推移した。

24日の米国株式市場は荒い値動きの中、反発して取引を終えた。新規失業保険申請件数が予想以上に増加したものの、好調な新築住宅販売を受け景気回復期待が持ち直し、このところ下げていたテクノロジー株に買いが集まった。調整色を強めていたアップル、アマゾン・ドット・コム、エヌビディア、フェイスブック<.FB.O>など大型ハイテク株が総じて高いことが安心感を与えている。

これを受けて日本株も堅調なスタート。時間外取引で米株先物が堅調に推移したことが好感されているほか、週明けに配当権利が確定するため権利取りの動きが活発化し、株価を支える要因になった。ただ、週末であることから上値に対しては慎重で、後場は小動きになるとみる関係者が多い。

市場では「為替も安定していることに加え、配当の権利確定狙いの動きが相場を支えるのではないか。大引けは2万3200円前半程度で取引を終えると予想している」(T&Dアセットマネジメント・ストラテジスト兼ファンドマネージャーの浪岡宏氏)との声も聞かれた。

TOPIXは0.49%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9861億5500万円と1兆円台を割り込んだ。東証33業種では、ガラス・土石製品、倉庫・運輸関連業、輸送用機器などが値上がりし、精密機器、保険業などの下落が目立つ。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>が堅調なほか、ソフトバンクグループ<9984.T>もしっかり。業績上方修正を発表した日本ガイシ<5333.T>が急伸する一方、最終利益の見通しが赤字になると発表した西武ホールディングス<9024.T>が大幅下落となるなど、業績動向が株価の明暗を分けている。

東証1部の騰落数は、値上がりが1599銘柄、値下がりが471銘柄、変わらずが105銘柄だった。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米ホワイトハウス、大統領選前のコロナ対策合意に懐疑

ビジネス

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小

ビジネス

EXCLUSIVE-中国人民銀、元基準値の調整措置

ビジネス

HSBC、低金利で事業モデル見直し 手数料収入の拡

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 9

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 10

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!