ニュース速報

ビジネス

中国、経済的自立高める成長戦略を提起 外部リスク増大で=関係筋

2020年08月05日(水)12時16分

 中国政府の助言役を務める関係者らによると、中国の指導部は内需押し上げに軸足を置く、国内と国外の「二重循環」という経済成長モデルを提案した。写真は北京市内のショッピング街を歩く人々。7月撮影(2020年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 5日 ロイター] - 中国政府の助言役を務める関係者らによると、中国の指導部は内需押し上げに軸足を置く、国内と国外の「二重循環」という経済成長モデルを提案した。米国の敵対姿勢や新型コロナウイルスの世界的大流行により、中国の長期的な経済発展を阻害する外部リスクが高まっていることが背景にある。

同モデルは内需拡大に向けた「内部循環」を優先するもので、「外部循環」がこれを補完する。詳細は明らかになっていない。

関係筋によると、「二重循環」戦略は来年からの5カ年計画の優先項目になる可能性がある。同計画は中国共産党が10月に開く中央委員会第5回全体会議(5中全会)で採択され、2021年序盤の全国人民代表大会(全人代=国会)で公表される公算が大きいという。

政策に詳しい関係筋や政府の助言役は、内部循環を重視する姿勢は、国内の需要や技術開発への戦略的シフトを示唆していると指摘。ただ、国内のサプライチェーン構築には海外からの投資が一部で活用されるとした。

ある関係筋は「中国の指導部は状況が厳しくなったため、『内部循環』構想を提起した。ただ、『内部循環』に完全に依存する可能性は低い」と述べた。

別の関係筋は「対外貿易が減少する見通しで、米国がハイテク部門を封鎖しているため、中国は内需への依存度を高めることになる」とした。

今年を最終年とする現行の五カ年計画は、環境を汚染する旧来型産業からの脱却、技術革新の振興、ややゆとりのある「小康社会」の実現が優先項目となっている。

<米中経済のデカップリング>

米中経済の完全なデカップリング(切り離し)が起きる可能性は低いが、中国の戦略シフトは、2008─09年の世界的な金融危機で輸出主導型モデルの脆弱さが露呈したことを受けた内向き姿勢への転換を加速させることになる。

トランプ米政権は新型コロナ流行への中国の対応や中国が施行した香港国家安全維持法など多数の問題で対抗姿勢を強めており、中国の企業は米政府による貿易や技術の制限で苦境に立たされつつある。

米国の関税引き上げを背景に、中国の対米輸出は2020年上半期に前年同期比11.1%減少。さらに、米政府は中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)や中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の排除に動いている。

中国政策科学研究会の経済委員会副主任、徐洪才氏は「完全なデカップリングは不可能だが、部分的なデカップリングによる短期的な影響は避けられない」とした。

中国指導部は一方で、経済開放を拡大する方針を示しており、特に先進的な製造業の対外開放を進めるとしてきた。

シンクタンクの華夏新供給経済学研究院の賈康・院長は「内部循環の潜在能力を最大限活用すべきだが、外部から隔絶された状態に戻るという意味ではない」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英国、コロナ巡る転換点に 全面ロックダウン再導入も

ワールド

米政権のウィーチャット禁止措置、連邦地裁が仮差し止

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!