ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請131.4万件に減少、依然高止まり

2020年07月10日(金)03時48分

米労働省が9日発表した4日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は131万4000件となった。写真はアーカンソー州フォートスミスで失業保険申請に並ぶ市民ら。4月撮影(2020年 ロイター/NICK OXFORD)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日発表した4日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は131万4000件となった。前週の141万3000件からは減少したものの、需要の弱さや新型コロナウイルス感染件数の再拡大で依然として非常に高い水準だった。6月は雇用者数の伸びが過去最大となったが、労働市場が引き続き弱含むことを示唆した。市場予想は137万5000件だった。

失業保険申請件数は3月下旬に過去最悪となる686万7000件を付けた。その後、徐々に減少しているものの、2007─09年の世界金融危機のピークと比べ約2倍の水準を保っている。

1週間遅れで発表される失業保険受給総数は、6月27日までの週に1806万2000件と、前週の1876万件から減少した。5月上旬には過去最悪の2491万2000件を付けていた。

6月第3週時点で何らかの失業手当を受けていた人は3290万人と、中旬から141万1000人増加した。

失業保険申請件数は労働市場の現状を映し出す指標とされている。今回の指標のような傾向が続いた場合、7月の雇用統計で雇用の伸びが抑制される可能性がある。

MUFG(ニューヨーク)のチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「独立記念日(4日)の祝日に伴い失業保険申請が抑えられた可能性もあるが、決して経済を取り巻く問題が解決したわけではなく、注意を要する。全体の失業者数や受給総数は今回の景気後退(リセッション)局面で依然、最悪の状態が続いている」と述べた。

2日に発表された6月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月から480万人増となり、1939年の統計開始以降で最多となった。3月中旬に新型コロナの感染拡大を抑えるためにレストランやバー、ジム、歯科医などが休業した際に一時解雇された労働者が再雇用された。

申請件数はジョージア州、カリフォルニア州、フロリダ州で大きく減少。ただ事業再開に伴い、フロリダ州やテキサス州、カリフォルニア州などでは新型コロナの感染件数の伸びが過去最多を記録し、各州は経済活動再開の動きの後退または停止を余儀なくされた。

米経済は封鎖措置導入前の2月に景気後退(リセッション)入りした。企業は軟調な需要に直面しており、一時解雇の第2波をあおっている。小売業から航空業まで幅広い業種で企業が人員削減や一時帰休を発表している。

さらに、政府が導入した雇用支援制度(給与保護プログラム、PPP)は縮小している。PPPは、企業が政府から受けた融資を従業員の賃金に充てた場合、一部の返済が不要となる。

全米独立事業者協会(NFIB)が先週公表した調査では、小企業が雇用を削減していることが示され、「多くの事業主は4月に融資を受けた。6月以降、雇用を維持することができない」とした。

政府はPPPの申請期限を8月8日まで延ばすことを決めた。

エコノミストは、失業保険受給総数の減少にはPPPが貢献していると指摘。ただPPPの恩恵は薄れつつある。

マリナー・ウエルス・アドバイザーズ(カンザス州)のチーフエコノミスト、ビル・グレイナー氏は「感染拡大を受け、まず経営破綻したのは初期の衝撃に耐えるための資金がなかった中小企業だった。だが現在は、規模が大きい企業が経営破綻している。原油安と原油需要の減少を受け、特に原油関連産業で経営破たんが相次ぐと予想している」と述べた。

ナロフ・エコノミクス(ペンシルベニア州)のチーフエコノミスト、ジョエル・ナロフ氏は「経済の回復過程を巡り、先行き不透明感が台頭する時期に入った。企業は賢明に行動する。将来的な需要を巡る先行き不透明感が存在している時は、採用には慎重になるか、従業員数の自然減を待つかが最善の選択となる」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

ワールド

焦点:富裕国の仁義なき「ワクチン争奪戦」、対コロナ

ワールド

ロシア・中国・イランが米大統領選に介入、情報当局が

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!