ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、高寄り後に見送り気分広がり弱もちあい

2020年04月09日(木)12時15分

 4月9日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比84円98銭安の1万9268円26銭となり、反落した。写真は都内にある証券会社の株価ボード前で3月10日撮影(2020年 ロイター/Stoyan Nenov)

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比84円98銭安の1万9268円26銭となり、反落した。前日の米国株式市場は高かったものの、日本国内での新型コロナウイルス感染者増加が警戒され、上値が重い展開。寄り付き後に高い場面があったものの、次第に見送り気分が広がり、弱もちあいとなった。海外市場がイースターで休場となることも模様眺めの要因となっている。

8日の米国株式市場は、トランプ米大統領が前日、米国の新型コロナ感染はピークに近づきつつあるとの見方を示したことや、ニューヨーク州のクオモ知事が抑止に向けたソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)は奏功していると発言したことなどが好感され反発した。

野党民主党のサンダース上院議員が大統領候補指名争いから撤退すると表明したことも注目されたほか、今夜控えているOPECプラス会合への期待もプラス材料となっているが、国内で感染者数の増加傾向が続いており、警戒するムードが強い。

需給面では、週間ベースで1兆円を超す売り越しを続けていた海外勢の姿勢変化が関心を集めている。財務省が寄り付き前に発表した3月29日―4月4日の対外及び対内証券売買契約等の状況 (指定報告機関ベース)によると、対内株式投資は4227億円の買い越しとなった。

一方、テクニカル面では、3月25日の戻り高値1万9564円38銭に接近したことで「戻り高値はチャート上の節目として意識されて売りが出やすい。ここからの上値はどうしても重くなる」(国内証券)との声が出ていた。 TOPIXは0.91%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0414億7500万円となっている。東証33業種で値上がりは鉱業など4業種にとどまった。個別では、ソニー<6758.T>が小高い一方、トヨタ自動車<7203.T>が軟調など主力株は高安まちまち。このところ堅調だった東武鉄道<9001.T>など電鉄株がさえない。 東証1部の騰落数は、値上がりが841銘柄に対し、値下がりが1255銘柄、変わらずが72銘柄だった。

日経平均は弱もちあい。1万9200円台で一進一退となっている。3月25日の戻り高値1万9564円38銭に接近したことで「戻り高値はチャート上の節目として意識されて売りが出やすい。テクニカル的に戻りの正念場にきた印象。ここを突破すれば2万円の回復がみえてくる」(国内証券)という。

日経平均はマイナス圏でもみあい、一時123円58銭安の1万9229円66銭まで下げ幅を拡大した。市場からは「前日まで4日続伸したこともあり、利益確定の売りが出ている。米国株高となったものの、国内での新型コロナの感染者は増加傾向。買い上がれるほどでもない」(国内証券)との声が出ていた。

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比22円76銭高の1万9376円00銭となり、続伸した。その後は前日終値近辺で一進一退、プラス圏とマイナス圏を行き来する方向感に欠ける展開となっている。

業種別では、空運業、石油・石炭製品、鉱業などが高い。半面、証券業、パルプ・紙、保険業どは軟調。

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車<7203.T>が売り優勢、ホンダ<7267.T>、パナソニック<6752.T>が買い優勢、キヤノン<7751.T>、ソニー<6758.T>が売り買い拮抗。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.T>、ファナック<6954.T>は売り買い拮抗。

メガバンクでは、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が買い優勢、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が売り買い拮抗となっている。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

スペイン首相が自動車部門支援表明、日産の工場閉鎖決

ワールド

米共和党議員団、中国軍関係企業への投資禁じる法案公

ビジネス

5月国内新車販売は前年比44.9%減、8カ月連続の

ビジネス

東京ディズニーランド・シー休園継続、USJは19日

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!