ニュース速報

ビジネス

米個人消費、1月は0.2%増へ鈍化 所得は0.6%増

2020年02月29日(土)03時57分

2月28日、米商務省が発表した1月の個人消費支出(季節調整済み)は、前月比0.2%増と、市場予想の0.3%増を下回り、前月から減速した。新型コロナウイルスが急速に拡大する中で一段と鈍化する可能性がある。新型ウイルスによって株式相場は急落し、景気後退懸念が浮上している。写真は2019年11月、米ペンシルバニア州のショッピングモール(2020年 ロイター/Sarah Silbiger)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米商務省が28日発表した1月の個人消費支出(季節調整済み)は、前月比0.2%増と、市場予想の0.3%増を下回り、前月から減速した。新型コロナウイルスが急速に拡大する中で一段と鈍化する可能性がある。新型ウイルスによって株式相場は急落し、景気後退懸念が浮上している。

個人消費は米経済の3分の2以上を占める。1月は例年より温かく、暖房や衣料品の需要が弱かった。2019年12月の個人消費は当初発表の0.3%増から0.4%増へ上方改定された。

オックスフォード・エコノミクス(ニューヨーク)の米国担当シニアエコノミスト、Lydia Boussour氏は「2019年はほぼ1年を通して米経済は個人消費で世界的な向かい風から守られた。ただ米国の消費も新型ウイルスの感染拡大に対する免疫はない」と指摘。「金融情勢のひっ迫を踏まえると、インフレ率が根強く低水準にとどまっていることが連邦準備理事会(FRB)が3月にも利下げに踏み切る論拠となる」と述べた。

米国の主要な株式指数は前日、調整局面入りした。米10年債利回りは過去最低水準へ低下。金融市場は、新型ウイルスが11年目に入った米景気拡大にリスクとなり得るとみている。新型ウイルスによる死亡者数は2000人を超え、感染者数は少なくとも8万人になっている。被害は中国が中心だ。

金利先物市場が織り込む米連邦準備理事会(FRB)の利下げ確率は上昇した。FRBは19年に3回利下げした。20年は少なくとも年末まで金利を据え置く姿勢だったが、新型ウイルスのリスクが課題となる可能性がある。

個人消費が低調となる中、物価上昇圧力も落ち着き、個人消費支出(PCE)価格指数は前月比0.1%上昇となった。エネルギー製品とサービスが0.7%下落し、食品の0.3%の値上がりを相殺した。12月のPCE価格指数は0.3%上昇だった。

1月は前年同月比で1.7%上昇と、18年12月以来の大幅な伸びだった。19年の弱い物価圧力が計算から外れたことを反映した。19年12月は1.5%上昇していた。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたPCEコア指数は前月比0.1%上昇。12月は0.2%上昇していた。1月は前年同月比で1.6%上昇と、12月の1.5%上昇から加速した。

PCEコアの前年同月比はFRBが物価の目安としている。19年は1月から12月までFRBの物価上昇率目標である2%を下回った。

1月のインフレ調整後の実質消費支出は0.1%増。12月も0.1%増加していた。個人消費は19年の第4・四半期に急減速した後、20年第1・四半期は出足が鈍っている。

前日発表された19年第4・四半期国内総生産(GDP)改定値は個人消費が1.7%増と、第3・四半期の好調な3.2%増から減速した。第4・四半期GDPは2.1%増だった。第3・四半期も2.1%増だった。

1月は個人消費支出が緩慢な伸びにとどまったものの、個人消費の基礎的条件は底堅さを保っている。1月の個人所得は0.6%増と、19年2月以来の大幅な伸びだった。19年12月は0.1%増加していた。1月は、社会保障制度の給付金受給者に関する生活費の年次調整が押し上げ要因だった。

賃金は0.5%増。12月は0.1%増加していた。所得が個人消費の伸びを上回ったことで貯蓄は1兆3300億ドルと、19年3月以来の高水準となった。12月は1兆2600億ドルだった。

*情報を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米バンカメ、中小支援へ申し込み殺到 「既存顧客優先

ビジネス

米雇用者数、新型コロナ危機下で悪化へ=リッチモンド

ワールド

世界のマスク市場が「無法化」、米の買い占めに各国が

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナ対策「日本式」を継続するべきか?

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!