ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は小幅続落、新型肺炎は引き続き懸念材料

2020年01月24日(金)12時19分

 1月24日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比12円77銭安の2万3782円67銭となり、続落した。写真は東京証券取引所で2015年12月撮影(2020年 ロイター/Yuya Shin)

[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比12円77銭安の2万3782円67銭となり、続落した。前日の米国株式市場はまちまち。引き続き中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大が懸念されるほか、円高に振れている為替相場に対する警戒感も意識された。また、週末であることから売り買いともに偏ったポジションが取りにくく、見送りムードが高まった。

23日の米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>は小幅高、ダウ工業株30種<.DJI>は小幅安となった。ナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えたが、新型肺炎に対する懸念や、まちまちの内容となった企業決算を受け上値は抑制された。

新型肺炎については、中国当局が24日に中国での死者が25人となり、発症者は800人を超えたことを明らかにした。国内では、厚生労働省が2人目となる発症例を確認したと発表。引き続き懸念材料となっている。

日経平均は値ごろ感から押し目買いが流入し、反発してスタート。その後は買い材料が乏しく次第に見送りムードが高まり、マイナス転換、前日終値近辺での一進一退となった。香港株式市場ではハンセン指数<.HSI>が高寄りした後、小幅安での推移となったが、方向性を示すものとして材料視されなかった。

市場からは「来週以降は国内で企業決算が本格化し、米国でも経済指標の発表や予備選挙が予定されている。しかし、きょうはあまり材料がなく、引き続き新型肺炎の影響を見極めざるを得ない状況。後場も動かす要因がないため、横ばいとなるのではないか」(みずほ証券・投資情報部部長の倉持靖彦氏)との声が出ていた。

TOPIXは0.14%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8962億2900万円にとどまった。東証33業種では、保険業、証券業、その他金融業が値下がり。陸運業、空運業、不動産業は値上がりした。

個別では、日本電産<6594.T>が高寄りした後、マイナス転換し、3.05%安で前場の取引を終えた。同社は23日、2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円(従来予想は1500億円)に下方修正したと発表。業績底打ち期待から寄り付きは買いを誘ったが、その後は売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がりが550銘柄に対し、値下がりが1478銘柄、変わらずが131銘柄だった。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジ

ビジネス

ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが

ビジネス

米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラ

ビジネス

英就業者数、10─12月も力強い伸び 賃金は減速

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!