ニュース速報

ビジネス

米株は反落、FOMC声明受け エネルギー株が主導

2018年11月09日(金)07時58分

 11月8日、米国株式市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を受けてS&P総合500種とナスダック総合が反落した。(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を受けてS&P総合500種とナスダック総合が反落した。米原油価格の下落を背景にエネルギー株がS&Pの下げを主導した。ダウ工業株30種はほぼ横ばい。

米連邦準備理事会(FRB)は8日まで開いたFOMCの声明で、力強い雇用の伸びと個人消費を背景に経済は成長軌道を維持しているとの見方を示す一方、企業投資は「今年に入ってからみられた速いペースからは緩やかになった」と指摘。今後の経済成長の足かせになる可能性を示唆した。

声明は企業投資に関する部分以外はおおむね予想通りで、次回12月のFOMCで利上げを実施する可能性を示唆した。

主要株価3指数は前日には米中間選挙を通過した安心感から、いずれも2%超上昇していた。

プルデンシャル・ファイナンシャルの首席マーケット・ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は、米中貿易戦争を巡る先行き不透明感から企業は投資を控えていると指摘。「企業支出が鈍れば、株式市場への支援が弱まる可能性がある」と語った。

また、FRBが景気減速につながる可能性のある状況に注目していることが今回のFOMC声明で明白になったと指摘した。

米国債利回りが上昇する中、S&P銀行株<.SPXBK>は0.4%上昇。金利上昇により銀行の利益が恩恵を受けるとの見方が背景。

エネルギー株は2.2%急落し、S&Pの下げを主導。供給が予想より速いペースで増えつつあることへの懸念を背景に、米原油先物は10月3日に付けた高値から20%超下落し、弱気相場入りが確認された。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が匿名の関係筋の話として報じたところによると、サウジアラビアの政府系シンクタンクは、石油輸出国機構(OPEC)解体による原油市場への影響を調査しているという。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.26対1の比率で上回った。ナスダックでも1.18対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は72億3000万株。直近20営業日の平均は84億3000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26191.22 +10.92 +0.04 26139.5 26277. 26081. <.DJI>

9 82 90

前営業日終値 26180.30

ナスダック総合 7530.89 -39.87 -0.53 7544.17 7566.9 7499.7 <.IXIC>

3 1

前営業日終値 7570.75

S&P総合500種 2806.83 -7.06 -0.25 2806.38 2814.7 2794.9 <.SPX>

5 9

前営業日終値 2813.89

ダウ輸送株20種 10660.66 -53.83 -0.50 <.DJT>

ダウ公共株15種 743.73 -3.37 -0.45 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1252.23 -5.24 -0.42 <.SOX>

VIX指数 16.74 +0.38 +2.32 <.VIX>

NYSE出来高 8.54億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22480 - 20 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22460 - 40 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米ウォルマート、8─10月も米既存売上高が予想上振

ワールド

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

ビジネス

イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ

ワールド

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!