ニュース速報

ビジネス

ECB理事会の決定、非常に緩やかな正常化示唆=ベルギー中銀総裁

2018年09月14日(金)19時25分

 9月14日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁(写真)は、理事会から一夜明けた14日、ECBが景気支援的な施策を徐々に縮小する一方で、過去最低の政策金利に関するスタンスを再確認したことは、金融政策の正常化をゆっくりと緩やかに行うことを示唆すると指摘した。2016年11月撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、理事会から一夜明けた14日、ECBが景気支援的な施策を徐々に縮小する一方で、過去最低の政策金利に関するスタンスを再確認したことは、金融政策の正常化をゆっくりと緩やかに行うことを示唆すると指摘した。

また、長期にわたる超低金利がもたらす可能性がある金融安定性へのリスクを、ECBは無視すべきではないとの見解も示した。

スメッツ総裁は会見で「われわれは、再投資や政策金利に関するフォワードガイダンスをあらためて示し、非常に緩やかな政策正常化を想定していることを示唆した」と述べ、「それは、資金調達環境が非常に好ましい状態を保ち、経済、ひいてはリフレプロセスを支援することになる」と語った。

ECBは13日の理事会で、毎月の債券買い入れ額を10月から150億ユーロに半減させることを決定した。

スメッツ総裁は低金利と非伝統的な金融政策が続いているものの、金融の安定が金融政策から完全に独立していると考えるのは認識不足であり、そこに中銀の果たす役割があると指摘。「セントラル・バンキングの将来は(金融政策とマクロプルーデンス政策の)相互作用の可能性についてより深く学ぶことにもあると私は考える」と述べた。

とはいえ同総裁は、主要な焦点はECBのインフレ目標であるべきで、プルーデンス政策は金融不安に対する防御の最前線であるべきだと主張。長期にわたり金利が低水準にとどまることが見込まれる中、「中銀のバランスシートとフォワードガイダンスの積極的な利用はわれわれのツールキットの中でより標準的な手段となる可能性が非常に高い」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!