ニュース速報

ビジネス

米FRB、緩やかな利上げ継続適切と強調 成長底堅く=半期議会報告書

2018年07月14日(土)05時17分

7月13日、FRBは議会に提出した半期に一度の報告書の中で、年前半の米経済は底堅く成長しており、引き続き緩やかな利上げが適切との認識を示した。写真は2009年6月、ワシントンのFRBビル前で撮影(2018年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は13日、議会に提出した半期に一度の報告書の中で、年前半の米経済は底堅く成長しており、引き続き緩やかな利上げが適切との認識を示した。

今回の報告書はパウエル議長就任後2度目となる。パウエル氏は17、18日の両日、議会証言を行う。

FRBは「今年前半は全般的な経済活動が底堅いペースで拡大したもよう」との認識を表明。消費者や企業の良好な心理や家計資産のこれまでの増加、国外経済の底堅い成長、国内の緩和的な金融状況が経済の下支えになっているとした上で、「一段の段階的な利上げ」が適切と考えられると述べた。またトランプ政権の減税措置は低迷する消費支出の反転に貢献しており、今年の経済成長を穏やかに押し上げる見込みとした。

報告書はこのほか、失業率が4%であることを踏まえると賃金の伸びは予想より鈍くなっているとの認識を改めて表明。賃金は生産性の低迷に押され「穏やか(moderate)」な伸びにとどまっているとの見方を示した。労働市場における需要が底堅さを保てば労働力として市場に参入する働き盛り世代の数も増えるとし、こうしたことは労働市場にスラック(需給の緩み)が一部残存している可能性があることを示しているとした。

トランプ政権の保護貿易主義に関しては、不透明性が金融市場への懸念要因になっていると指摘。ただトランプ政権の保護主義的な通商政策による潜在的な影響についてはほとんど踏み込まなかった。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクス(ニューヨーク州ホワイトプレーンズ)の首席米国エコノミスト、ジム・オサリバン氏は今回の報告書について「特に予想外のことは含まれていなかった。通商を巡る緊張の高まりに起因する大きな阻害要因がない限り、FRB当局者は引き続き緩やかな引き締め継続を予想している」としている。

FRBは2015年12月の引き締めサイクル開始以来、これまでに7回の利上げを実施。今年に入ってからは6月に年内2回目となる利上げを実施した。FRBは年内はあと2回の利上げがあるとの予想を示している。

*内容を追加します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!