ニュース速報

ビジネス

米FRB、緩やかな利上げ継続適切と強調 成長底堅く=半期議会報告書

2018年07月14日(土)05時17分

7月13日、FRBは議会に提出した半期に一度の報告書の中で、年前半の米経済は底堅く成長しており、引き続き緩やかな利上げが適切との認識を示した。写真は2009年6月、ワシントンのFRBビル前で撮影(2018年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は13日、議会に提出した半期に一度の報告書の中で、年前半の米経済は底堅く成長しており、引き続き緩やかな利上げが適切との認識を示した。

今回の報告書はパウエル議長就任後2度目となる。パウエル氏は17、18日の両日、議会証言を行う。

FRBは「今年前半は全般的な経済活動が底堅いペースで拡大したもよう」との認識を表明。消費者や企業の良好な心理や家計資産のこれまでの増加、国外経済の底堅い成長、国内の緩和的な金融状況が経済の下支えになっているとした上で、「一段の段階的な利上げ」が適切と考えられると述べた。またトランプ政権の減税措置は低迷する消費支出の反転に貢献しており、今年の経済成長を穏やかに押し上げる見込みとした。

報告書はこのほか、失業率が4%であることを踏まえると賃金の伸びは予想より鈍くなっているとの認識を改めて表明。賃金は生産性の低迷に押され「穏やか(moderate)」な伸びにとどまっているとの見方を示した。労働市場における需要が底堅さを保てば労働力として市場に参入する働き盛り世代の数も増えるとし、こうしたことは労働市場にスラック(需給の緩み)が一部残存している可能性があることを示しているとした。

トランプ政権の保護貿易主義に関しては、不透明性が金融市場への懸念要因になっていると指摘。ただトランプ政権の保護主義的な通商政策による潜在的な影響についてはほとんど踏み込まなかった。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクス(ニューヨーク州ホワイトプレーンズ)の首席米国エコノミスト、ジム・オサリバン氏は今回の報告書について「特に予想外のことは含まれていなかった。通商を巡る緊張の高まりに起因する大きな阻害要因がない限り、FRB当局者は引き続き緩やかな引き締め継続を予想している」としている。

FRBは2015年12月の引き締めサイクル開始以来、これまでに7回の利上げを実施。今年に入ってからは6月に年内2回目となる利上げを実施した。FRBは年内はあと2回の利上げがあるとの予想を示している。

*内容を追加します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!