ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(13日)

2018年07月13日(金)18時54分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 112.77/79 1.1630/34 131.17/21

NY午後5時 112.55/58 1.1671/74 131.31/35

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の112円後半。ここ数日間続くドル買いの流れや株価の大幅高が背景。ただ、午後には3連休を控えた調整売りも流入し、ドル買いは一服した。

<株式市場>

日経平均 22597.35円 (409.39円高)

安値─高値   22316.52円─22692.86円

東証出来高 12億7836万株

東証売買代金 2兆5472億円

東京株式市場で日経平均は大幅続伸。米国が対中追加関税リストを公表した後の中国側の抑制的な反応をみて、短期筋が先物買い戻しを継続。上げ幅は一時500円を超えた。ドル/円が半年ぶりの円安水準になったことも企業業績への安心材料となっている。前日に決算発表を行ったファーストリテイリング<9983.T>が大幅高となり、日経平均を大きく押し上げた。

東証1部の騰落数は、値上がり1547銘柄に対し、値下がりが473銘柄、変わらずが80銘柄だった。

<短期金融市場> 17時56分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.065%

ユーロ円金先(18年9月限) 99.915 (+0.005)

安値─高値 99.910─99.915

3カ月物TB -0.149 (-0.002)

安値─高値 -0.140─-0.155

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.065%になった。準備預金の積み最終日の取引だったが、前日までに積みにめどを付けた金融機関が多かったとみられる。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1398%、平均落札利回りはマイナス0.1455%と前回(最高:マイナス0.1328%、平均:マイナス0.1380%)に比べて低下した。

<円債市場> 

国債先物・18年9月限 150.90 (-0.02)

安値─高値 150.88─150.95

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.035% (変わらず)

安値─高値 0.040─0.040%

国債先物中心限月9月限は前日比2銭安の150円90銭と小幅安で引けた。朝方は日銀の国債買い入れで需給が引き締まるとの思惑から買いが先行した。一方で、円安・株高の進行で高値警戒感が意識され、午後にかけて短期筋の売りが出て弱含んだ。3連休を控えて積極的にポジションを傾ける市場参加者は見られず、小幅な値動きに終始した。

<スワップ市場> 18時33分現在の気配

2年物 0.09─-0.01

3年物 0.10─0.00

4年物 0.12─0.02

5年物 0.14─0.04

7年物 0.19─0.09

10年物 0.29─0.19

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!