ニュース速報

ビジネス

日経平均は続伸、円安が支援 節目手前では足踏み

2018年05月18日(金)15時51分

 5月18日、東京株式市場で、日経平均株価は続伸した。一時1ドル111円を付けた円安を支えに、上げ幅は一時100円を超え、取引時間中として2月5日以来、約3カ月半ぶりの高値を付けた。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で、日経平均株価は続伸した。一時1ドル111円を付けた円安を支えに、上げ幅は一時100円を超え、取引時間中として2月5日以来、約3カ月半ぶりの高値を付けた。もっとも、節目の2万3000円に接近すると利益確定売りの圧力が強まり、伸び悩んだ。

朝方には自動車、電機など外需株で買いが先行したが「一気に上を買うだけの材料がなかった」(国内証券)とされ、買い一巡後は節目2万3000円を前に伸び悩んだ。一方、米長期金利が上昇する中でも米株価指数先物が上昇し、日本株を支援。後場には膠着(こうちゃく)感が強まった。

市場では、米株先物の堅調な動きについて「景気の強さや底堅さが背景にある。(米金利が)急ピッチに上がらなければ、問題はなさそうだ」(証券ジャパン・調査情報部長の大谷正之氏)との見方が出ていた。

TOPIXは0.38%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆2800億円と、盛り上がりを欠いた。上昇率上位には石油・石炭製品、鉱業、保険などが並んだ。一方、下落率上位はその他製品、金属製品、食料品などだった。

個別銘柄では、大真空<6962.T>が大幅続伸した。2019年3月期業績について、連結純損益予想を6億2000万円の黒字と17日に発表し、好感された。新構造デバイスなどオリジナルの差別化製品を展開し、営業利益率の向上を目指すという。前期は2億9800万円の最終赤字だった。

一方、宝ホールディングス<2531.T>は軟調だった。秋の日経平均構成銘柄の定期見直しを巡って、野村証券がリポートの中で除外候補に挙げた。一方、採用候補に挙げたシャープ<6753.T>はしっかり、日本取引所グループ<8697.T>は小高く推移した。

東証1部の騰落数は、値上がり1161銘柄に対し、値下がりが824銘柄、変わらずが98銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22930.36 +91.99

寄り付き    22907.20

安値/高値   22867.3─22954.19

TOPIX<.TOPX>

終値       1815.25 +6.88

寄り付き     1812.91

安値/高値    1808.2─1816.44

東証出来高(万株) 130310

東証売買代金(億円) 22800.56

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

焦点:英国にようやく自動化の波、ブレグジットで人材

ビジネス

焦点:イタリア債務問題、ユーロ圏に伝播しない理由

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 10

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!