ニュース速報

ビジネス

ドル110円後半、111円乗せ後は伸び悩む

2018年05月18日(金)15時22分

 5月18日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の110円後半。正午過ぎに一瞬111円台に乗せたものの、上昇の勢いは強まらず、午後は110円後半で次の材料待ちとなった。写真は2016年11月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 18日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の110円後半。正午過ぎに一瞬111円台に乗せたものの、上昇の勢いは強まらず、午後は110円後半で次の材料待ちとなった。

午後のドルはしばらく110.90円台で膠着した後、米長期金利の低下を眺めて110.80円台に下落した。「111円を抜けた後、上方向に走らなかったので、とりあえず手仕舞いという感じ」(外為アナリスト)という。

米長期金利の上昇がドルのサポートとなっている。来週は総額990億ドル規模の米債の入札が予定されており、需給的に米金利が上がりやすい状況。そのため、週末ではあるものの「ドルにポジション調整売りは入らず、再び上値を試すのではないか」(同)との見方が出ていた。

<午前のドルはじり高> 

午前7時台、米中通商協議で、米国の対中貿易赤字を削減するため、中国が米国産品の輸入拡大などを提案したと伝わり、110.70円台で推移していたドルは110.86円まで上昇した。その後、いったん利益確定売りに押されて弱含んだが、午前8時半頃からほぼ一本調子の上昇となり、110.99円まで上値を伸ばした。正午過ぎに111.005円まで上昇した。

この間、米10年国債利回りは3.1279%(ビッドサイド)まで上昇し、ドル買い安心感を誘った。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 110.83/85 1.1810/14 130.91/95

午前9時現在 110.84/86 1.1787/91 130.67/71

NY午後5時 110.76/78 1.1793/97 130.61/70

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

訂正:セクハラ問題、日本で#MeTooは広がるか

ビジネス

EU企業への投資審査厳格化、欧州議会が法案で合意へ

ビジネス

独消費者信頼感指数、6月は10.7に低下 予想も下

ビジネス

中国、ユーロの堅調で安定的な推移願う=李克強首相

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 6

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 7

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!