ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(16日)

2018年04月16日(月)18時59分

<外為市場>

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル安/円高の107円前半。英米仏軍のシリア攻撃でも市場に大きな動揺はみられず、ドルは107円前半から半ばの狭いレンジ内を上下する展開となった。

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸。終値は3月13日以来、1カ月ぶりの高値となった。米英仏軍のシリアを撃で懸念されたリスク回避姿勢は広がらず、1ドル107円台を維持した為替が日本株を下支えした。ただ日米首脳会談への警戒感が上値を圧迫。次第に様子見姿勢が広がり、東証1部の売買代金は今年2番目の低水準となった。

東証1部騰落数は、値上がり1192銘柄に対し、値下がりが805銘柄、変わらずが85銘柄だった。

<短期金融市場> 17時30分現在

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.059%になった。準備預金の積み初日で調達一巡後は資金調達意欲が後退した。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<円債市場> 

国債先物中心限月6月限は前営業日比2銭安の150円87銭と小幅続落で引けた。シリアに対する米英仏3カ国による軍事攻撃の影響は限定的。高値警戒感が浮上する中、17日に5年債入札を控えて、上値の重い展開が続いた。不透明な政治情勢の行方や17─18日の日米首脳会談を見極めたいとして、様子見ムードが広がった。

現物市場は持ち高調整主体の動きで、閑散取引。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp上昇の0.035%。

<CDS市場>

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で今週、指数のiTraxxJapanシリーズ29や個別銘柄は動意の乏しい状況が続く見通し。日米首脳会談の行方や米英仏によるシリア攻撃後の中東情勢の動向など、先行き不透明感な材料が揃っており、ポジションを決めにくい。足元の指数は横ばい圏の50bp台を挟んで推移しているほか、個別企業についても市場関係者の様子見姿勢を反映して小動きとなっている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!