ニュース速報

ビジネス

株価急落、経済見通しに影響せず=米クリーブランド連銀総裁

2018年02月14日(水)07時08分

 2月13日m米クリーブランド地区連銀のメスター総裁(写真)は、株式市場のこのところの大幅な売りとボラティリティーの高まりにより、経済の全般的な堅調な見通しは影響を受けないとの見方を示した。2017年8月撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)

[デイトン(米オハイオ州) 13日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は13日、株式市場のこのところの大幅な売りとボラティリティーの高まりにより、経済の全般的な堅調な見通しは影響を受けないとの見方を示し、金融市場の振れに過度に反応することに対し警告した。

同総裁は主要株式指数が10%以上下落した今回の株価急落について、「株式相場の一段と深く、かつ根強い下落により信頼感が損なわれ、リスク選好度の低下と消費抑制につながる可能性はあるが、今回の動きはこうしたシナリオからは程遠い」と述べた。

そのうえで、今回の株安は株価が過去最高水準を更新し続けた後に起きた下落であるとし、「経済は今回の市場の動乱を切り抜けられると現時点で考えており、自分自身の見通しは変えていない。自分自身の見方では、経済の基調的なファンダンメンタルズ(基礎的条件)は非常に健全である」と述べた。

米国では昨年末に税制改革法案が成立。また、トランプ政権がこのほど発表した4兆4000億ドル規模に達する2019会計年度(18年10月─19年9月)の予算教書などで米国の連邦赤字は拡大するとみられている。

メスター総裁はこれらにより、成長やインフレなどがFRBの対応が必要になるほど見通しを上回る可能性があると指摘。「見通しに対する顕著な上振れリスクが増大している」とし、こうしたことはこれまで長い間見られなかったと述べた。ただ、実際にどうなるかは詳細を見極める必要があるとの認識も示した。

連邦準備理事会(FRB)の金融政策については、3回の利上げを実施した「昨年と同様の」ペースで利上げしていくべきと現時点では考えているとし、インフレは今年は上向くが、FRBが対応を迫られるほどのペースにはならないとの考えを示した。

また、減税により経済成長率は向こう数年間は0.25─0.50%ポイント押し上げられ、これにより継続的な雇用が支援されるとともに、経済成長率はトレンドとなっている2%を超える水準で推移するとの見方を示した。ただ減税の長期的な影響は不明で、特に企業が減税の恩恵を新規投資や新規雇用に充てるかは分からないと述べた。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ウォルマート、5─7月米既存店売上高は10年ぶりの

ワールド

米350紙、報道の自由訴える論説を一斉掲載 トラン

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

ビジネス

中国の都市再開発プロジェクト投資額、1─7月は14

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 7

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 10

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!