ニュース速報

ビジネス

みずほFGの佐藤社長が退任、坂井証券社長が昇格 収益力が課題

2018年01月15日(月)19時16分

 1月15日、みずほフィナンシャルグループは、4月1日付で佐藤康博社長が会長兼執行役となり、後任にみずほ証券の坂井辰史社長が就く人事を発表した。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 15日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は15日、佐藤康博社長が会長に退き、後任にみずほ証券の坂井辰史社長が就く人事を発表した。4月1日付。坂井次期社長は「足元の基礎的収益力の低下に対してどのように対応するのか」と述べ、収益力の向上に取り組む考えを示した。

佐藤氏は2011年に持ち株会社社長に就任。旧日本興業銀行出身で、旧富士銀行、旧第一勧業銀行の3行が統合したみずほを率いて、ワントップ体制を確立した。16年からガバナンス改革の総仕上げとして、傘下の銀行、証券、信託などの各業務に法人やリテールなど顧客別に横串を通すカンパニー制を導入したものの、収益力の低迷に苦しんでいる。

このため、昨年11月には今後10年で1万9000人を大幅削減するなどの構造改革策を公表し、抜本的なコスト削減を打ち出した。みずほは、坂井次期社長のもとで改革を進めることになる。

坂井氏は84年、旧興銀に入行。国際部門や企画部門を経験し、2016年にみずほ証券社長に就任した。坂井氏の後任には、みずほFGで企画を担当する飯田浩一常務が就任する。

会見で、坂井次期社長は「みずほの基礎的収益力の低下にどのように対応するのか」とし、「金融業を取り巻く構造が大きく変わっていく中、トップラインを強化し、新しいビジネスを創造していく」との方針を示した。さらに、構造改革を達成した10年後の新しい金融グループのあるべき姿を描きたいとした。

収益力低迷の原因については「構造的にはコストの問題も大きいが、リスクテイクに関するスタンスが守りの姿勢に傾きがち。役職員の意識改革を進めていかなければならない」と説明した。

佐藤社長は金融ビジネスの変化を強調し、「金融情報産業化が進む。それを担っていくためには新しいリーダーが必要」と語った。

佐藤社長は就任してから7年。旧行の確執が取り沙汰されてきた中で「(持ち株会社、旧みずほ銀、みずほコーポレート銀行に分かれた)3トップが失敗の原因だと思ったし、今も思っている。意思決定は1本に統一されて、1人が最終責任を取らなければならない」と振り返った。今後について「会長になるが、代表取締役は絶対に務めないと指名委員会に言ってきた。ワントップは坂井氏が引き継ぐ」と説明した。

*内容を追加しました。

(布施太郎※)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米、人種間の富の格差やや縮小=FRB調査

ワールド

バイデン氏、対中強硬姿勢の維持必要 当選なら=クル

ワールド

トランプ氏「多額の税金納付」、民主は詳細求める 納

ワールド

米大統領選、下院投票で決定も ペロシ議長が民主に結

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

  • 4

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 7

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!