ニュース速報

ビジネス

中国外貨準備、11月末は3.119兆ドル 10カ月連続で増加

2017年12月07日(木)19時09分

 12月7日、中国人民銀行(中央銀行)のデータによると、中国の外貨準備高は11月末時点で前月比100億ドル増の3兆1190億ドルと、10カ月連続で増加した。写真は人民元と各国の紙幣、北京で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)のデータによると、中国の外貨準備高は11月末時点で前月比100億ドル増の3兆1190億ドルと、10カ月連続で増加した。

厳しい規制や人民元高を背景に資本流出が抑制された。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は、110億ドル増の3兆1200億ドルだった。

10カ月連続の増加は2014年6月以来。外貨準備高は昨年10月以来の高水準となった。

11月末時点の金準備は758億3300万ドルと、前月末の752億3800万ドルから増加した。

国家外為管理局は、米ドル以外の通貨が上昇したことや、資産価格の変動が外貨準備増加の主因だと説明している。

人民元は今年、対ドルで約5%値上がりしている。昨年は6.5%下落していた。

中国の外貨準備は、2014年6月に3兆9900億ドルまで増加したが、その後は元の下支えと資本流出の抑制を背景に約1兆ドル減少、今年1月時点で2兆9980億ドルとなっていた。1月以降は1210億ドル増えている。

一部のエコノミストは、元相場の安定と資本流出圧力の低下を背景に、当局が規制の手を緩めるのではないかと指摘している。

キャピタル・エコノミクスの中国担当エコノミスト、ジュリアン・エバンス・プリチャード氏は「長年の懸案である為替レートの自由化に向けて小さな一歩をさらに踏み出すチャンスだと思える。元の変動幅拡大から始める可能性が最も高い」と述べた。

人民銀と商業銀行による外貨買い入れは10月に数年ぶり高水準となったが、景気鈍化により資本フローは引き続き変動しやすい状態が続くとアナリストはみている。米国での利上げや減税により資本逃避が増加する可能性もあり、当局が資本規制を緩めるのは時期尚早との見方もある。

交通銀行のエコノミストは「人民元の下落圧力が来年は非常に高い可能性を踏まえると、資本規制は引き続き必要だ」と述べた。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

1月の訪日外国人は9%増の250万人、1月として最

ビジネス

景気判断「緩やかに回復」に据え置き=2月月例経済報

ビジネス

日銀新体制、安倍政権下で金融政策正常化は困難=白井

ビジネス

英鉄鋼業界は依然脆弱、EU離脱に伴うリスクも=タタ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 9

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 10

    北朝鮮の秘密警察に米を送っていた脱北女性、韓国で…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!