ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(7日)

2017年12月07日(木)18時29分

<外為市場>

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の112円半ば。朝方から株高を背景に底堅く推移していたが、午後、日経平均が一段高になるとドルも連れ高となった。

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反発した。前日の大幅安の反動で朝方から買い戻しが先行。米国株や為替が穏やかな値動きだったことも安心材料になった。あすのメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けた先物のロールオーバーが順調に進み、需給懸念が後退したことで、後場は上げ幅が300円を超えた。引き締め方向への政策シフトが警戒される中国株は軟調だったが、日本株に対する影響はみられなかった。

東証1部騰落数は、値上がり1716銘柄に対し、値下がりが269銘柄、変わらずが60銘柄だった。

<短期金融市場> 17時08分現在

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.043%になった。前日に強含んだ要因の試し取りの動きがなかった分、レートは低下した。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1414%、平均落札利回りはマイナス0.1522%と前回(最高:マイナス0.1712%、平均:マイナス0.1995%)に比べて上昇し、いずれも9月20日以来約3カ月ぶりの水準となった。

<円債市場> 

国債先物中心限月12月限は前日比2銭高の150円93銭と小幅続伸で引けた。朝方は、日経平均株価の反発や30年債入札への警戒感から上値を重くして取引が始まったが、良好な需給環境が相場を下支え。午後に発表された30年債入札結果が順調になると、持ち直して小幅高まで買われた。現物市場は底堅い展開。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同0.5bp高い0.055%に小幅上昇した。入札をこなした超長期ゾーンは買い戻しが入り、30年債や40年債は利回りが低下した。

30年債入札で応札倍率は4.38倍と前回(3.43倍)を上回り、2014年5月以来3年7カ月ぶりの高水準となった。ALM(資産・負債の総合管理)運用上、年限を長期化したい一部生保勢をはじめ最終投資家の需要があったもようだ。

黒田日銀総裁は講演で、現行の政策枠組みのもとで目指している適切なイールドカーブの判断は、経済・物価・金融情勢という3つの基準それぞれの展開によって「当然、変化していく」とし、変化に応じたイールドカーブを考えていくことになると語った。三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニアマーケットエコノミストの六車治美氏は「新たに先行きの政策を示唆するような発言はなかった」としながらも、「最近は金融機関の仲介機能やリバーサルレートの議論、緩和や低金利長期化の副作用に関する発言が目立っている。その真意は分からないが、物価が思うように上がらなければ追加緩和の可能性に言及した片岡委員の発言をけん制する意図があるのかもしれない」との見方を示した。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トルコ、米電化製品を「ボイコット」 大統領がドル売

ワールド

伊ジェノバで高速道路の橋が崩落、少なくとも22人死

ワールド

英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕

ビジネス

中国、固定資産投資が過去最低の伸び 一連の指標で景

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!